働く世代のガン

ニュース

働く世代のガン

働き盛りでガンになったら

働き盛りで大きな病気にかかる事は、まぁ、あることです。
病気といってもいろいろありますが例えばガンになったらどうしたらいいでしょうか。
ガンの種類にもよりますが、当然のことながら治療が必要になります
治療もいくつかあると思うのですが、外科的な手術をする、入院をする、 また抗がん剤、放射線、といった治療をする場合、果たして働きながらと言うことが可能かどうか。
そして気になるのは治療費。
たくさんの問題、やらなければいけないことがいっぺんに押し寄せてきます。

実はね、心配の種は本当に尽きないんですね。
でも命ある限りは、きちんと治療して、そして働く、ということが両立されなければいけません。
ご本人の努力もさることながら、周りの支援も必要です。

仕事に復帰するための手助けはどうしても必要です。
ケースワーカーのような専門職の知識と経験が求められているんです。

1ヵ月前の地元のテレビ

やはりいじめのようなものがあるんですね。
その原因は無理解と偏見です。
認知症の対応なども、そうですが、何の配慮もない対応によって病気が重くなることもあるんです。
かわいそうだから同情しろと言うわけではないです。
世の中には様々な人がいるわけだから、いろいろなことをもっと学んで、ふさわしい対応ができるようになることを心がけねばなりません。

ガン患者への就労支援

どのような場合でも言えることですが、安心して治療ができる、安心して仕事ができる、安心して暮らせる、このことが確立された社会ほど優れた社会はないと思います。
できることならばこういった社会を目指しまた私たちもなにがしかの貢献ができればと思いませんか。

ガンになっても安心して働ける社会

就労規則とかの確認

ガンになっても働きたいし、また働かなければならない人はいっぱいいます。
働く際に気をつけなければならないことがいくつか。
職場の就労規則をもう一度確認すること。
ガンになったからといってすぐクビにするような職場はほとんどないと思いますが、治療をしながら働くためには、それぞれの職場の就労マニアルに基づいた形で働くことになります。
単純に助けてもらわねばならないですし、また助けてあげなければならないです。
大事なのは、いかに相手の立場で考えられるかです。

参考になります

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ