大阪国際女子マラソン どうなった?

ニュース

大阪国際女子マラソン どうなった?

出典 http://www.sankei.com

マラソン初参加で優勝 すばらしい❣️

松田は強かった!

松田瑞生の強さが際立った。

30km付近から独走態勢で優勝できたのはすごい。

まだ22歳と思うこと。次の東京オリンピックの代表に名乗りを上げたことになるのだろう。

前回のロンドン大会の10,000メートルの代表なので、長距離には強い。

東京オリンピックの活躍が期待されるものと思われる。

◆第37回大阪国際女子マラソン(28日、ヤンマースタジアム長居発着~御堂筋・道頓堀橋南詰折り返し=42.195キロ)

 2020年東京五輪代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権と今夏のアジア大会(8~9月、ジャカルタ)の代表選考会を兼ねた「第37回大阪国際女子マラソン」は、2017年ロンドン世界陸上女子1万メートル代表の松田瑞生(22)=ダイハツ=が、女子初マラソン歴代3位の2時間22分44秒で優勝し、一発勝負で2020年東京五輪代表2枠を決める「MGC」(2019年秋以降)の出場権を獲得した。

 レースは、25キロ過ぎに動いた。大阪薫英女学院で松田の1学年後輩になる前田穂南(21)=天満屋=が先頭集団を抜け出したが、松田が30・8キロ過ぎに抜いてトップに立った。松田はそのまま首位を守ってゴールテープを切った。

 2位は昨年の北海道マラソンで優勝しMGCの出場権を得ている前田で2時間23分48秒、3位は安藤友香(23)=スズキ浜松AC=で2時間27分37秒(いずれも速報値)で、MGC出場切符を手にした。MGCの出場権は、2時間28分0秒以内で日本人3位まで、2時間27分0秒以内で同6位までが条件。

 松田は、優勝インタビューで「大阪の地で輝けて良かったです」と声を弾ませた。前田を抜いた場面を「並んだところで上り坂になっていたんで、ここがキーポイントになるなと。コース試走でも考えていたんで、勝負をかけられたかなと思っています」と振り返った。

 母の明美さんは鍼灸院を営んで体をケアしているが「自分の親は世界一だと思っています。自慢の親でもあり、心の支えでもあり、一番自分の身体を分かっている人なんで、恩返しできたと思っている。これからも、もっともっと恩返ししたい」と感謝した。

出典 http://www.hochi.co.jp

公式サイト CM

昨年の様子 接戦😳

Twitterまとめ

まとめ

出典 http://www.sankei.com

2018年は年が明けてから、まず、箱根の駅伝から始まって、京都の女子駅伝、それに続く大阪の女子マラソンである。

今回もドラマがあって30kmから独走をした松田が優勝。

聞けば東京オリンピックの選考も兼ねていると言う。

この大きな大会で勝利をもぎ取る運はすばらしい。

マラソンで過去の英雄と言えば女子の場合、高橋尚子、野口みずき、有吉等、世界に通用する有名選手が排出されてきた。

今回もそのような選手が今後出てくるのだろうか。

これからの大会も目が離せないものとなる。

この記事を作るのに使ったのがこちらのキュレーションサイト。

無料のお試しバージョンと有料の本格的バージョン。

どちらもメルアド登録から簡単に始められます。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ