着床前スクリーニング 不妊治療の救世主?

ニュース

着床前スクリーニング 不妊治療の救世主?

出典 http://woman.mynavi.jp

子供が欲しい❣️願いは切実

医学の進歩は目を見張るものが

着床前スクリーニングの3つの技術

着床前スクリーニングには、体外受精・胚移植法、胚生検法、染色体・遺伝子診断法という3つの技術が用いられます。

体外受精は、女性の卵巣から採取した卵子と、男性に採取してもらった精子を、体の外で出会わせて受精させます。受精卵を培養して、通常は8分割に分裂したところや、その先の胚盤胞の状態で、胚移植法という技術で子宮の中に戻します。

胚生検法は、受精卵が着床直前の胚盤胞の状態に達したときに、胎盤になる部分の細胞を3〜5個程度採取する方法が、現在では世界的に主流です。現在、私どもでは診断の精度が高く、受精卵の着床率に影響を与えない胚盤胞からのバイオプシー(生検)のみを実施しています。

出典 http://pgd.ne.jp

着床前スクーリング検査とは受精卵の段階で遺伝的な欠点を発見する方法です。

受精卵はすべてのものが健康なものとは限らないのですねDNAを調べるとその異常の具合がよくわかって、あらかじめ調べて健康な受精卵のみを子宮の中に戻す方法を言うようです。

今は検査機器がとてもよく発達していて検体を入れると以上の具合が一目瞭然でわかるようになっています。

不妊治療の新たな救世主として大いに注目されていますね。

受精卵が子宮の中に着床するまでの様子

NHKのニュースでやっていました

不妊治療には様々なアドバイスが

Twitterまとめ

まとめとして

出典 http://www.miraclebaby.us

着床前スクリーニング検査については様々な意見があるのも事実。

賛否両論は別として、子供が欲しいと思う親心は何かに変えようとする事は不可能です。

子供を設けることによってしか望みは叶えられないわけですね。

特に厳しい現実として、女性が子供を妊娠できる対応年齢にはどうやら限りがあるようなのです。

今から30年ほど前ならば不妊治療はそれほどメジャーではありませんでした。

経験したものの口から言わせていただければ、男性ならばあの屈辱的な対応にはあらかたの人は耐えられないと思いますね。

今は時代が変わってきたものと思います。

不妊の原因は男女ともに五分五分と言っていいでしょう。

男性の側も、最近は特に生殖能力の平均より下回った人たちが多いと聞きます。

女性の場合も同様ですが、男性とは違って妊娠に適した年齢がどうしてもそんなに長くは無いのですね。

昔は30歳過ぎで妊娠しないと高齢出産のリスクを指摘されたものです。

今は30歳過ぎて初産の人もかなり多いですし、その人たちを高齢出産とは呼ばないようです。

これはご時世が関係しているでしょう。

今は少子高齢化の時代です。男女は簡単には結婚しませんし、結婚して子供を設ける年齢もおそらく10歳以上高齢になっているのではないでしょうか。

このスクリーニング検査では、遺伝子を分析することによってあらかじめ異常を発見するわけです。異常があった状態で妊娠をしても流産や、着床しなかったりするようで、出産にはこぎつけない。

子供を産み育てることが個人レベルで考える時代はどうやら終わりになってきているような気がするのです。

社会全体が支える仕組みが必要だと思うし、またそれ以前に誰もが子供を産み育てることを支援するようなマインドに変えていかなければいけないのかな。

私の歳になると本来ならば孫がいても全くおかしくないのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。

テレビで見ていて不妊治療に励む若いご夫婦を見ていて、本当に気の毒な気持ちになったのです。

世の中全体で応援できるようになるといいですね。

この記事は今朝見たニュースを元にに作成しました。

はるか昔、私もしぶしぶ不妊治療に付き合った記憶があるもので、人ごととは思えませんでした。

私の時代では全くかないませんでしたが、これからの若い世代が同じように苦労するのは見るに忍びないのですね。

記事作成にはキュレーションサイトで行っています。
無料のお試しバージョンと有料のバージョンで二本立てとなっております。

情報発信の強い味方ですね。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ