「水道凍結 溶かし方」知ってました?

ニュース

「水道凍結 溶かし方」知ってました?

出典 http://www.town.sayo.lg.jp

凍結させると厄介ですね

水道凍結は気温がうんと下がると起こりがちです。

いつも思うのですが北海道と本州では、その捉え方が全く違うようです。

北海道で家を建てる場合は、地面の凍結深度なるものが各市町村であらかじめ決められているのです。

大体は1メーター前後のところが多いのです。

水道管は必ずこの凍結深度よりも深いところに埋設し、そこから建物の中に引き込まれる際も十分な保温がなされます。

北海道でも、メンテナンスが悪ければ凍結します。大抵の場合は、室内で凍結する場合が多いのです。室内の気温がマイナスになると凍結の可能性が高くなります。

私の自宅も築25年の古い家ですが、毎日暮らす家なので、冬の暖房は止めません。夜寝るときには暖房の設定温度を大体15℃にして、放置しておくと凍結する事はありません。

25年住んでみて1度も凍結した事はありませんね。

ちなみにもし間違って凍結してしまったならば、とかさなければいけないのですが、凍結場所を探す作業がそれなりに大変ですね。

場所さえ見つかれば布を上からかぶせて、少し熱めの温度のお湯で、ゆっくり上からかければ、大抵溶けますね。

各市町村で業者さんもいっぱいいるのでうんとしばれた朝は、業者さんも忙しくなるようです。

水道凍結を防止する方法

予防できるものはしたほうがいいに決まってます。

様々な防止方法がありますが、内地の家だとどうなんでしょうね?

不凍栓のようなものがセッティングされてますでしょうか。

これがなければ水を落とす作業ができないので、凍結のリスクはぐんと上がるんですね。

凍結防止用の簡易ヒーターも売っているのでそういったものの利用も考えた方がいいかもしれません。

水道管の破裂はめったに起こらないのですが、もしやってしまった場合は必ず業者さんに連絡。

その時に水道局にも一報入れといたほうがいいでしょう。

水が出しっぱなしになった時は料金がかなり行っちゃいますので。

不可抗力の場合だと減免措置もあるかもしれません。
(北海道では準備されていますよ)

北海道仕様の水の抜き方

内地の方もぜひ参考にしてください

丁寧でわかりやすい映像ですね。

こちらは業者さんのようです。長期間家を留守にする場合などこの作業が必要になります。

大切なのは水回りに関わる事はすべての箇所に置いて作業が必要なことですね。建物内の水の配管の中で凍結するのを防止するためにはこのような水抜きが必要なんですね。

ちなみに私 我が家ではこの作業をやったことがありません。

正直に言うと、きちんとできるかどうか不安ですね。

あと付け加えればこのほかにトイレもありますよ。

全部の箇所を完了させるにはそれなりの時間も必要です。

私などめんどくさいと感じるので、暖房の温度をギリギリまで低くして対応ですね。何度か家を冬期間留守にしたことがありますが、すべて暖房の温度を15℃セットで対応してオーケーでした。

Twitterまとめ

まとめ

出典 http://pds.exblog.jp

いつになく寒い冬になりました。

全国的に低温で、水道凍結の話もよく聞きます。自衛隊が出動しているところもあるようですね。

北海道人としては、昔はよくあった話なんですが、最近の住宅ではほとんど起こらないと思います。

しかし人が住んでいる以上は必ずと言っていい位避けて通れない現象です。

改めて記事として残すことに。

参考までにこの記事作成は以下のキュレーションサイトで行いました。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ