三八豪雪 大雪警報発令中

ニュース

三八豪雪 大雪警報発令中

出典 http://aoba-trfc.sakura.ne.jp

昭和38年の大雪がことの起こり

1962年(昭和37年)のクリスマス付近を境に、まとまって降り出した雪は翌1963年(昭和38年)には本格的な大雪となった。さらにこの年は気温も平年より低く20日間にわずか11.4時間という日照時間の短さが加わり、降雪のほとんどが融けずに蓄積することになった。

本州の日本海側だけでなく雪の少ない九州地方でも記録的な大雪となり、南部の鹿児島県でも30cm以上の積雪を記録するという稀な状況も発生した。福岡県飯塚市では一冬の累計積雪量が185cmに達したのを始め、九州地方の山間部を中心に累計積雪量が100cmに達した。

陸上自衛隊による消雪活動も行われ、火炎放射器を用いて雪を融かすという方法が取られた。しかし、「これはあまり効果はなかった」と当時の隊員たちは語っている。航空自衛隊は各地の救難分遣隊が出動し、出動後の帰途に就いた芦屋基地の芦屋救難分遣隊ヘリ(H-21)が1963年(昭和38年)3月16日に香川県三豊郡詫間町で墜落して隊員10名が死亡した。

1963年(昭和38年)2月12日に気象庁は「昭和38年1月豪雪」と命名した。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

昭和38年の北陸地方を襲った大雪。このことを後に38豪雪と名付けた。

ちなみにこの年は、東京オリンピックの前年、私は小学校の4年生だった。

私の子供の頃の記憶を辿るのも、おそらくはこの記事をまとめるのに貢献するのかなと思う。

子供の頃私は北海道の日本海側の在住だったが、今より雪はかなり多かった記憶が。

。一晩で30センチが40センチ程度は積もったような気がする。また冷え込みもかなり厳しくこの頃に零下30度を経験した記憶が。これだけ寒いと海は毛嵐が起こって幻想的な光景が。

子供心に聞いたニュースの記憶だが、新潟を始めとする石川県に至る北陸地方では、自分たちの住む北海道をはるかにしのぐ豪雪と聞いた。

あまりに降る雪は、除雪をするレベルをはるかに超えて、住居では1階がすっぽり雪に埋まってしまって2階から出入りすると聞いた。

何かの雑誌で写真で確認したのを覚えている。子供たちが雪遊びをしているのだが、実はそこの窓のように見えるのが2階だと言うことで、明らかに1階部分は埋まってしまっていた。

今年の豪雪は38豪雪に匹敵するらしい。

さすがヤマト運輸 このアイテムは凄い

ニュースでの実況中継

1月からずっとな気がする

1日の最高気温が0度以下の日を真冬日といいます。

北海道では別に珍しくもなんともないんですが、基本的には放っておけば大抵のものは凍ります。

ただし気温が0度よりもほんのわずかに低い位の時は、車の往来のある道路は意外と溶けたりするんですね。車が通行するとタイヤと路面の摩擦で路面温度は上昇する傾向に。また日差しがそれなりに当たる所も溶けます。

いろんな面で真冬日は、寒さの代名詞のように言われますが、はっきり言ってなれます。むしろ雪が降って中途半端に気温が上がる方が後が煩わしくていけません。

がっちりしばれてくれた方が雪国暮らしとしては都合がいいのです。

当時の様子 ニュース映像は一見の価値があります

出典 http://art9.photozou.jp

当時のニュース映像を見ていてとんでもない豪雪だったことが伺えますね。

死者も出る非常事態で100人以上が亡くなっているようです。

累積の積雪量が4メートルを超えるとありました。とんでもない事態です。

当時は防災に対する考え方がまだ未成熟で、その隙をつかれた大災害になったんですね。

特にその当時は旧国鉄が、主な交通手段を担っていましたが、ニュースの中でも防災認識の甘さを指摘されていました。

様々な災害は突然襲ってきますが、どうしても経験してみなければその被害の甚大さが納得できないのです。過去においても現代においても同じではないかと。

また今のような雪捨て場が整備されていなかったが故に、信濃川に捨てた雪が今度は溶けずにそのまま洪水を起こす事態に。

いざ災害が起こってしまうと、付け焼き刃では挑んではいけないという教訓でしょう。

Twitterでも当時のニュースを紹介

最後に

出典 http://awakin.cocolog-nifty.com

当時の画像なり映像なりを見ていてとても不謹慎なことながら、懐かしい気持ちに。

子供の頃も豪雪はうっすらした記憶に残っている。

今見てもかなりの迫力が。

これだけの雪が降れば当然市民生活にも莫大な影響があるだろう。

当時の人は大変なご苦労されたと思いますが、雪に対する備えは今も基本的には変わらないはず。

様々な防災計画や、現在の優れたいろいろなアイテムを使えば、昔ほどの被害は出ないと思われる。

これだけの大雪を降らすとなると原因究明も当然必要なことだが、北極から流れる偏西風の蛇行が当時の原因とされる。今回のは、地球温暖化が原因とする科学者もいるようだ。

温暖化が原因となれば自然災害とは言わないだろう、人災と言っていい。

理由付けはともかく、この非常事態は早く解消したほうがいいに決まっている。

毎日ネットのニュースをチェックしているが、大雪関連のニュースはなくなることがない。

今回も改めてニュースとしてまとめてみる。

いつもの通りにキュレーションサイトで記事を作成し、その時の音声入力アイテムはGoogleドキュメント。

大分慣れてきたかも。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ