三浦雄一郎さん 失礼がありましたでしょうか

ニュース

三浦雄一郎さん 失礼がありましたでしょうか

出典 http://matomezone.co

まだご存命です。失礼極まりない

編集このページをウォッチする別の言語で閲覧
三浦雄一郎
三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年(昭和7年)10月12日 - )は、日本のプロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等学校校長、全国森林レクリエーション協会会長、札幌市手稲区親善大使[1]。青森市5代名誉市民。

父の三浦敬三も山岳スキーヤーで、長男の三浦雄大は競技スキーヤー、二男の三浦豪太はリレハンメルオリンピック・長野オリンピック出場したフリースタイルスキー・モーグル選手、長女の三浦恵美里はクラーク記念国際高等学校・横浜青葉キャンパス校長、ミウラ・ドルフィンズ代表取締役も兼務。母方の祖父は、第15回衆議院議員総選挙青森県第5区[2]選出議員の小泉辰之助[3]。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

よく見たらコマーシャル でも参考になります

三浦雄一郎さんのテレビのテロップ画面になんと“故”の字をつけてしまうと言う失礼極まりない事件があったらしい。

ご本人の性格からすると、とても屈託のない方なので多分笑い飛ばしたのでしょうが、それにしてもずいぶんだね。

報道関係は機械化もずいぶん進んでますが、人間が関わるアナログ部分も大量に存在してますから、人的ミスを極力起こさないように。

どうやら愛車はBMW

愛車がBMWなのは三浦さんらしいと言う印象。

映像で見る限りご自身でハンドルを握っているわけでは無いようですね。

BMWはドイツのメーカーで、車が中心ではありますが様々な機器を作ってますね。

私の印象としては重厚感ですね。以前車の展示会で見たのですが、たまたまポルシェとBMWは運転席に座ることができたのです。

ポルシェの運転席のフットスペースの狭いのには、閉口しましたが、BMWの時は、運転席がびっくりするぐらい広く、そしてシートが思いのほか低く感じたんですね。

私はフロントガラスの景色を見るのに少し背伸びをしなければいけないかと思う位シートとハンドル周りの広さを感じました。

もっとも、高級車ですからいかようにも調整できるはずなんですがね。

番組ではすぐに気がついて謝罪したらしいです

Twitterでの指摘

まとめ

出典 http://upload.wikimedia.org

クラーク高校でボランティアをさせていただいたときの私のインスタ記事です

不思議なご縁で私の住む田舎町に、クラーク高校の本校舎があるのです。

なんと我が家からは歩いて10分弱の距離。この間私が手がけているボランティアで行ってきましたのでその時のインスタの投稿のリンクを紹介します。

三浦雄一郎さんは私の地元でも本当に著名な方で、普段は居られないのですが、何年か前に市の主催の講演会で、エベレスト登頂についての講演をやっていただいたのです。

とても興味深い講演で年齢も80歳を超えているとは到底思えず、元気ハツラツの印象でした。

服装も着飾る事など全くなく、市の1番大きなホールの壇上に上がるというのに、なんと、足元を注目するとハイキング用と思われるスニーカーのようなトラッキングシューズを履いていたのがなんともびっくりで。

お話は語りかけるようにゆっくりと、それでいてユーモアも交えて、1時間ちょっとの公演もあっという間に終わったと思います。

こちらの高校は高校野球でもかなり有名で、この間のボランティアの時にキャプテンとも話す機会があったのですが、今年もなんとしても甲子園に行くんだという決意表明を聞くことができたのです。

校長先生は世界的にも著名な方ですが、こちらの高校もなかなかユニークな教育方針のようですよ。

今度機会があったら、また記事にしてアップしましょう。

こちらの記事はネットのチェックをしていたところここ何日か三浦雄一郎の名前が必ず上がってきているので、どうしたものかと調べてみて今回の事件のわかりました。

この記事作成のサイトはAIが手助けしてくれるので、ニュースの聞き逃しとかがとても少ないのです。毎日チェックをしてどの話題が自分自身が記事作成の題材として取り上げられるか、いつも適切なアドバイスがあります。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ