サラと沙羅 物語はこの二人から

ニュース

サラと沙羅 物語はこの二人から
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

出典 http://afpbb.ismcdn.jp

女子スキージャンプの黎明期からこの2人が主役

もう1人のサラ サラヘンドリクソン



1994年8月1日、アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティ出身。

2007年シーズンから本格的にスキージャンプの女子国際大会に参戦。2009年にはリベレツ( チェコ)で開催されたノルディックスキー世界選手権に初参加している。

2010年に、ヒュンターツァルテン(ドイツ語版)(ドイツの旗 ドイツ)にて開催されたノルディックスキー世界ジュニア選手権2010(ドイツ語版)では女子個人で3位となっている。

2011年に、オスロ( ノルウェー)で開催されたノルディックスキー世界選手権の女子個人では16位に終わった。

2011年/2012年シーズンにスキージャンプ・女子ワールドカップが創設されると、開幕から他を圧倒する成績を挙げた。ワールドカップで6勝するなど好調を維持して臨んだノルディックスキージュニア世界選手権(エルズルム/トルコの旗 トルコ)では、女子個人で高梨沙羅(日本の旗 日本)に敗れて2位となった[1]。その後も好調を維持しワールドカップ13戦中9勝、2位3回という圧倒的な成績で総合優勝を達成した[2]。

2012/2013シーズン、ワールドカップ個人第2戦ソチ大会でシーズン初勝利。このシーズンは4勝に留まりW杯総合優勝は高梨に譲ったが、ヴァル・ディ・フィエンメ(イタリアの旗 イタリア)で開催された2013年ノルディックスキー世界選手権では高梨を破り、金メダルを獲得した。

2013/14シーズンは8月に膝の靭帯を損傷したため、シーズン前半のワールドカップには出場せず治療を行った。1月後半に練習を再開し、女子スキージャンプが初採用されたソチオリンピック(ロシアの旗 ロシア)出場に漕ぎ着け、21位の成績を残したがその後のワールドカップは欠場した。

2014/15シーズンは第12戦のリュブノで3位に入り2シーズンぶりに表彰台に登った。

2015/16シーズンは再び怪我で治療に専念している。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

今高梨沙羅を知らない人はほとんどいない。
でも、サラヘンドリクソンを知っている人が何人いるだろうか。

前回のソチ5輪の時に高梨沙羅と人気、実力を二分していた選手。

高梨沙羅よりも2歳年上でアメリカ人選手。当初はこちらのサラが、第1人者の称号を得ていた。

サラヘンドリクソン 17歳 高梨沙羅15歳のときである。

サラはストイックに自分自身を鍛え上げるために過激なトレーニングをすることが知られていた。

そのせいかソチ5輪の直前に大怪我をし、その頃から第1線で活躍できる事はなくなったようだ。

膝に爆弾を抱えながらの競技参加はこの怪我の後も何度か手術を受けなければならない羽目に。

6年前の懐かしい映像

かなりの実力者であったことが伺えますね

日本自慢の2枚看板

高梨沙羅と伊藤有希は日本が誇る2枚看板と言っていい。

伊藤有希は、あのレジェンド葛西の愛弟子である。

マインドを始めとしてしっかりと鍛え挙げられている。

今後もこの2人を中心に日本の女子ジャンプは進んでいくものと思われる。

高梨沙羅も憧れていたサラヘンドリクソン

サラヘンドリクソンは、”着地の鬼“と呼ばれていたらしい。

身長を生かしたパワフルなジャンプ。それが彼女の持ち味。高く飛び出し、最後のテレマーク姿勢もきっちりと入れて見ごたえのあるジャンプをする選手。

今から5年前位怪我をする前は彼女が第一人者。

まだあどけない高梨沙羅が憧れるのも無理のないことで。

当時の映像を見ると、今ほどメジャーではない女子ジャンプの様子が伺えてとても興味深い。

これだけマニアックにストイックに頑張っていたサラヘンドリクソン

これはアメリカでアップされた動画なので、日本語字幕も付いていないので映像のみで判断ですが、どのぐらいジャンプにかけていたかがよくわかりますね。

夏の間のトレーニングと思われます。

日本の選手もこのような風洞の中でのトレーニングをやるのでしょうか?

ジャンプの飛んでいる姿はしょっちゅう見ますが、このようなトレーニング風景は初めて見るかもしれません。

Twitterまとめ

やはり2015年までのツイートが多いです

最後に

出典 http://livedoor.blogimg.jp

サラヘンドリクソンを初めて見たときに、実は半世紀も前にいたアメリカのポップス歌手ナンシーシナトラに似ていると思ったのです。

フランクシナトラの娘で、今から半世紀昔に「リトルバード」で有名だった。

サラは女子ジャンプスキーを今のような人気競技にした立役者とも言える。

今回のオリンピックにも参加していて結果は19位とのこと。

それでも本人はジャンプが大好きであることを公言してはばからなく、結果はともかくとても明るく振る舞っていたらしい。

大きな怪我さえなければ、今でも第1人者として活躍していたことには疑う余地がない。

ジャンプほどの競技だと、本人の実力もさることながら、その時の運がいいかも左右する。

サラヘンドリクソンは引退する話は聞かないので、これからも競技を続けるのだろう。

写真を見てもわかる通りに、かなりの美人さんである。

美人アスリート特集では必ず名前が上がる。

これからも競技に参加してもらって私たちの目を楽しませて欲しいもの。

キュレーションサイトで記事を作成しています。

サラヘンドリクソンの名前をネットで見かけて、そういえば高梨沙羅と2枚看板の時があったじゃないかと思い記事作成。

作成にはAIが大いに手助けしてくれて古い情報も難なく検索できています。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ