高村光太郎の妻 智恵子は統合失調症だった

ニュース

高村光太郎の妻 智恵子は統合失調症だった
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

出典 http://s2.dmcdn.net

高村光太郎の生涯



1883年(明治16年)に彫刻家の高村光雲の長男として生まれ、練塀小学校(現在の台東区立平成小学校)に入学。1896年(明治29年)3月、下谷高等小学校卒業。同年4月、共立美術学館予備科に学期の途中から入学し、翌年8月、共立美術学館予備科卒業。

1897年(明治30年)9月、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)彫刻科に入学。文学にも関心を寄せ、在学中に与謝野鉄幹の新詩社の同人となり『明星』に寄稿。1902年(明治35年)に彫刻科を卒業し、研究科に進むが、1905年(明治38年)に西洋画科に移った。1906年(明治39年)より留学に出て、ニューヨークに1年間、その後ロンドンに1年間、パリに9ヶ月滞在し、1909年(明治42年)に帰国。旧態依然とした日本の美術界に不満を持ち、ことごとに父に反抗し、東京美術学校の教職も断った。パンの会に参加し、『スバル』などに美術批評を寄せた。「緑色の太陽」(1910年)は芸術の自由を宣言した評論である。

1912年(明治45年)、駒込にアトリエを建てた。この年、岸田劉生らと結成した第一回ヒュウザン会展に油絵を出品。1914年(大正3年)に詩集『道程』を出版。同年、長沼智恵子と結婚。1916年(大正5年)、塑像「今井邦子像」制作(未完成)。この頃ブロンズ塑像「裸婦裸像」制作。1918年(大正7年)、ブロンズ塑像「手」制作。1926年(大正15年)、木彫「鯰(なまず)」制作。1929年(昭和4年)に智恵子の実家が破産、この頃から智恵子の健康状態が悪くなり、のちに統合失調症を発病した。1938年(昭和13年)に智恵子と死別し、その後、1941年(昭和16年)に詩集『智恵子抄』を出版した。

智恵子の死後、真珠湾攻撃を賞賛し「この日世界の歴史あらたまる。アングロサクソンの主権、この日東亜の陸と海とに否定さる」と記した「記憶せよ、十二月八日」[3]など、戦意高揚のための戦争協力詩を多く発表した。歩くうた等の歌謡曲の作詞も行った。1942年(昭和17年)4月に詩「道程」で第1回帝国芸術院賞受賞[4]。1945年(昭和20年)4月の空襲によりアトリエとともに多くの彫刻やデッサンが焼失。同年5月、岩手県花巻町(現在の花巻市)の宮沢清六方に疎開(宮沢清六は宮沢賢治の弟で、その家は賢治の実家であった)。しかし、同年8月には宮沢家も空襲で被災し、辛うじて助かる。終戦後の同年10月、花巻郊外の稗貫郡太田村山口(現在は花巻市)に粗末な小屋を建てて移り住み、ここで7年間独居自炊の生活を送る。これは戦争中に多くの戦争協力詩を作ったことへの自省の念から出た行動であった。この小屋は現在も「高村山荘」として保存公開され、近隣には「高村記念館」がある。

1950年(昭和25年)、戦後に書かれた詩を収録した詩集『典型』を出版。翌年に第2回読売文学賞を受賞。1952年(昭和27年)、青森県より十和田湖畔に建立する記念碑の作成を委嘱され、これを機に小屋を出て東京都中野区桃園町(現・東京都中野区中野三丁目)のアトリエに転居し、記念碑の塑像(裸婦像)を制作。この像は「乙女の像」として翌年完成した。

1956年(昭和31年)4月2日3時40分、自宅アトリエにて肺結核のために死去した。73歳没。この高村の命日(4月2日)は連翹忌と呼ばれている。戒名は光珠院殿顕誉智照居士[5]。

著名な芸術家・詩人であるとともに、美や技巧を求める以上に、人間の「道」を最期まで探求した人格として、高村を支持する人は多い。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

智恵子抄は 高村光太郎と 妻 千恵子とのエピソード

智恵子抄の名前を知らない人はいない。

高村光太郎が妻智恵子との思い出を綴った詩集。

「レモン哀歌」は妻智恵子が亡くなるときの様子を歌った詩。

高村光太郎はもともと彫刻家出身である。

父高村光雲も著名な彫刻家で日本美術界の重鎮である。

光太郎は若い頃ヨーロッパに留学をし、意気揚々と帰国した後、日本の美術界に嫌気が差し、父光雲ともトラブルを起こしたと聞く。

その時であったのが妻の智恵子。

光太郎は文字を書く才能があって、彫刻のものづくりをするよりも文筆活動で収入を得ていたようだ。

確かに智恵子抄を始めその他の詩を読んでみても、並々ならぬ才能を感じる。

記念館の様子

妻智恵子の生家とされる造り酒屋

智恵子抄は舞台にもなっている

高村光太郎と智恵子は3つ違い。

お互い芸術家同士で面識を持ってからは意気投合し、結婚をすることに。

病弱だった智恵子は実家の破産や、様々な生活苦から統合失調症を発病する。

結婚した時から、楽しさとは裏腹に様々なストレスを抱えていたことが想像される。

2人の中は最初は智恵子が光太郎に夢中になったようだ。

2人の結婚生活は、智恵子の闘病生活と重なる。

有名な智恵子抄は、智恵子が亡くなってから出版されたものである。

タイムスケジュールを見ても、高村光太郎の心の内が垣間見えると言うもの。

Twitterのまとめ

まとめとして

出典 http://www.hanamaki-takamura-kotaro.jp

高村光太郎が晩年済んだとされる部屋の写真。

この2人の物語は智恵子抄の知名度とともに様々な分野で取り上げられ有名になったのである。

2人とも芸術家である。その才能は妻智恵子の場合は、絵画や紙絵と呼ばれるちぎり絵のようなものが有名で、作品もかなりの数が残っていると聞く。

高村光太郎は基本は彫刻家だが、むしろ文筆活動をして詩人としての方が、有名かもしれない。

智恵子抄以外にも、フランス留学をしていた頃の、「道程」とか、著名な作品が数知れず。

芸術家として、一体どんなレベルの人なのだろうかとつくづく考えることがある。

光太郎本人は本業は彫刻家である、と思っていたに違いない。しかしながら文学にも素養があってそちらの活動も盛ん。

一途にのめり込むタイプの芸術家なら、多分、掛け持ちはしないだろうな、とそう思う。

同じような二刀流芸術家は、他にも少ないながらいるかもしれない。

ドイツの作曲家ロベルトシューマンがいるが、彼は作曲家として著名ではあるものの、実は文筆活動をしていて、ニュースその他の記事を書いていたらしい。

彼のニュース記事の紹介によってあのブラームスですら紹介されたぐらい。

シューマンは奇しくも智恵子と同じ統合失調症で命を落とすことに。

どのようないわれがあるのかはわからないが、二刀流その他の複数の仕事をこなそうとする人たちは、それなりにストレスを抱えてしまうのだろうか。

最近は文字を読むこともめっきり少なくなったので、良い文学作品はこれからも努めて触れるようにしたいと思う。

記事をこしらえるのに、Googleにて検索。まとめサイトとしていつものキュレーションサイトを利用。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ