「南海トラフ地震 防災計画 大丈夫?

ニュース

「南海トラフ地震 防災計画 大丈夫?
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

出典 http://www.mlit.go.jp

30年以内に発生する確率80%超

政府発表の最新シュミレーション

何日か前のニュースで南海トラフ地震の発生確率が引き上げになったのだと。

70%から80%へ。数字的にはほとんど変わらないだろうと思ってしまいますが、この地震がもし起こるときには東日本大震災のマグニチュード9.1に匹敵すると言われているんです。

どんな防災計画を立ててもこれだけ巨大な地震が、直に襲ってきたならば想定される被害はおよそ計算できるものではないですね。

東日本大震災の時もあの津波の恐怖の映像は、本当に見ていて背筋が震え上がったのを記憶しています。

なるべく回避したいのは山々ですが、おそらく人的被害がゼロと言うことにはならないでしょう。

それぐらいの厳しい状況が想定されています。

東日本大震災の際の放送対応 参考になりますね

いざ地震が起こってからどれだけの対応ができるでしょうか。

テレビの放送は私の個人的な意見では逃げる際には多分役にはたたんだろうなと。

だって逃げなきゃいけないんですよ。のんきにテレビなんか見てられるわけがないじゃないか。

草の根の取り組みですね

この映像の中でのポイントは、普段からのコミニケーションでしょうね。

いろんなアプローチはあるんでしょうけど、孤独であればあるほど避難ができなかったり、災害で命を危険にさらすリスクがより大きくなると実感です。

これはシュミレーション

もしこんな放送がテレビで流れてきたならば、真っ先に逃げなければいけませんね。

放送の案内をもとにあらかじめ準備してあった行動に基づいて避難をする。

火の始末とかも案内してるようだから、当然その辺もきちんと対応をして。

真っ先に考えるのは、命がきちんと助かること。まず自分と自分の周りの人たち。

いざその時に出くわしてどれだけ慌てずに行動ができるのか。

当然のことながらあらかじめ訓練するのは必要な事と考えますよ。

Twitterも注意喚起を呼びかけてますよね

地震に対する備えとは

出典 http://pbs.twimg.com

地震に対する備えは一言で言うなれば、いざと言う時にどれだけまともに対応できるか。その1点に尽きると思いますね。

私が住んでいる北海道の真ん中あたりは、実は地震がとても少ないのです。

関東地方に住んだ経験もあるので地震は何度も経験していて、そして、少ないながら北海道でもそれなりにあったので、いざ揺れたときのあの恐怖感はしっかりと覚えております。

とっさの行動ってのはなかなかできるものではありません。

私の場合は最近の例で言うならばあの東北大震災の時に自宅にいたのですが、結構揺れたんです。

1,000キロ位離れているにも関わらず家全体がゆらゆら揺れたので、すぐにテレビをつけて情報の取得に努めましたね。

余裕がある時はこんなもので良いでしょうが、直下で地震に遭遇したならば、まずは逃げることを考えねばなりません。とりあえず大きな揺れの時は身を守ることからなんですね。

日本は地震国ですからこの確率80%を超えるとされる巨大地震。何とか生き延び、逃げきることを、あらかじめ画策しておく必要があるかと思いますね。

特に南海トラフで今現在進行形で住んでおられる方は、気が気でないでしょうから、隣近所手を取り合って防災の準備に勤しんでほしいと思います。

この記事もキュレーションサイトで作成しました。

今回は少しバグが出たようで、入力に手間取りました。うまく保存ができなくなったんですね。

でもなんとかかんとか記事に仕上げられた気がします。

もう1年近くお世話になっているサイトなので、利用している私自身も少しメンテナンスが必要になってきているかもしれません。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ