フィギア女子ロシアのコーチって誰⁉️

ニュース

フィギア女子ロシアのコーチって誰⁉️

出典 http://o.aolcdn.com

スケート版 鉄の女エテリトゥトベリゼ

教え子の中にはそうそうたるメンバーが

指導している選手 編集

ジュニアのシングル選手をノービスの時代から教えている事も多い。

現在の教え子

モリス・クヴィテラシヴィリ
アレクセイ・エロホフ
ニカ・エガーゼ
エフゲニア・メドベージェワ
ポリーナ・ツルスカヤ
イリヤ・スキルダ
アリーナ・ザギトワ
アンナ・シェルバコワ
アレクサンドラ・トゥルソワ
アナスタシア・タラカノワ
ダリア・パネンコワ
アリョーナ・コストルナヤ
元教え子

ポリーナ・シェレペン
ユリア・リプニツカヤ
セラフィマ・サハノヴィッチ
エリザヴェート・トゥルシンバエワ
アディアン・ピトキーエフ
セルゲイ・ボロノフ

出典 http://ja.m.wikipedia.org

今回金メダルのザギトワ、銀メダルのメドベージェワ。

2人とも実はエテリコーチの教え子。

おそらく今世界で1番実績のあるコーチじゃなかろうか。

教え子たちのメンバーを見てもそうそうたる人たちが並んでいる。

鉄の女と言われる理由

エテリコーチの指導方針には賛否両論が

ただし間違いなく結果を出している

引退したリプニツカヤも彼女の教え子だった

まとめ

出典 http://orb01.info

コーチの采配がツボにはまった1番良い例がこちらでしょう。

ザギトワ選手とのひとこま。

聞くところによると練習中には5連続とかのジャンプを命じるそう。

ポリシーとして練習は150%、本番は110%の仕上がり。

どれだけ練習が過酷なものなのか想像がつく。これだけの練習ができていれば、本番は練習ほど厳しくは無いわけだからラクラクこなせるというのが理由らしい。

理にかなっているように見えて、実はとてつもなく厳しい言葉。

コーチの要望に応えられるだけの力を持っている者が、本番で結果を残せる。

残念ながらコーチの指導から脱落する者もいるようだ。

スポーツの世界のトップレベルの話なので良い悪いとかは言えない。

結果を残せるか残せないかで言うならば、間違いなくこの方法で残せているわけだ。

果たしてこれからも同じだけの結果を残せるのだろうか。

教育方針を変更する様な事はあるのだろうか。

興味は尽きない。

記事作成はキュレーションサイトで行いました。

今回のロシアの金メダルと銀メダルの2人とも、同じコーチに師事していると聞いて記事としてまとめてみました。

1

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ