ザギトワ ブラックスワンで最高得点更新

ニュース

ザギトワ ブラックスワンで最高得点更新

出典 http://afpbb.ismcdn.jp

オリンピックの本番での快挙

ザギトワ メドベージェワ ロシアの2枚看板

平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子SPで、世界歴代1位の得点を記録した15歳のアリーナ・ザギトワ(OAR=ロシア)、同2位の得点をマークした18歳のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)の快挙を母国ロシアのメディアも速報で伝えている。

 いち早く、ザギトワが世界記録を更新した、と報じたタス通信はザギトワの直後のインタビューで、「世界記録を更新したことを知らなかった」との言葉を紹介。ザギトワは「演技に満足している。感情が振り切った状態。何の秘密でもないが、私の演技構成は世界で最も難しい。もし良い演技をすれば、世界最高得点になる(ことはわかっていた)。私たちは細部にいたるまで、努力した」と語った。

 国営ロシア通信はメドベージェワの演技直後のインタビューを紹介し、「団体戦よりも良かったけど、ジャンプコンビネーションはもっと、うまくすることができた。滑ったときに『もう、こんなんじゃない』と思った」という。

 21日の女子SPで、ザギトワは82・92点で1位、メドベージェワが81・61点で2位だった。

出典 http://news.livedoor.com

ザギトワがメドベージェワを抑えて、ショートプログラムで歴代最高得点を更新した。

オリンピック初参加の15才。メドベージェワだって女王と言われながらまだ18才。

なんともすえ恐ろしい。

大変な実力者が現れたもの。

果たしてフリーのプログラムではどんな結果になるのだろうか。

この2人でワンツーフィニッシュの可能性が極めて強い気がする。

フリーの演技はこちらになるはず

Twitterでの投稿

Twitterでは演技に採用された音楽にブラックスワンについて、オリジナルの映画についての投稿も。

この映画はもうすでに数年経ってしまったが、あのナタリー・ポートマンが主演女優賞受賞した衝撃的な作品だった。

この映画でナタリー・ポートマンはバレリーナの役を、それはそれはストイックに演じたのである。

私もwowowで何度か見た映画だが、ナタリー・ポートマンの新たな一面が垣間見えた優れた作品だと感じた。

実は今回のザギトワの演技も、よく見るとわかるのだが、見事に2役を演じきっているのである。

主役となる白鳥とその敵となる黒鳥、これを同時に演じきるのがこの演目。

口で言ってしまえば簡単だが相当難しいと思う。

わずか15歳の少女、聞けば日本の中学3年生らしい。

本当に役者である。

まとめ

出典 http://jiyuubito21102.com

日本でも人気の本田真凛ちゃんとツーショット。

確か同い年かなと思う。

ショートプログラムが終わってザギトワがトップ、2位にメドベージェワ。

この2人で決まってしまいそうな勢い。

日本の宮原や坂本もとてもよく頑張っている。彼女たちも自己記録を更新したはず。

今回の女子のフィギアスケートはとてもレベルが高い。

金メダルを取るレベルは軽く230点を超えてくるはず。

他にもメダルを取れそうな有力選手は、イタリアのコストナーとか。ここら辺の選手も極めて好調維持しているので、ベストの演技をこなしたものが県内に入るはず。

とにかくフリーの演技が楽しみです。

オリンピックも、ここら辺がピークになるものと。

あと何日間か選手ももちろん、様々な映像ソースで楽しむ我々も、幸せな時間が過ぎていくように、祈らずにはいられませんね。

キュレーションサイトで記事を作成しました。

YouTubeの映像その他はどうしてもリアルタイムのものはまだまだアップされていませんので、情報が揃ったらもう一度きちんと記事にこしらえましょう。

1ファンとして、こういった情報発信はとても楽しく嬉しいもの。

たくさんの人と共有できればさらに喜びが増すというものです。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ