旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

津川雅彦が演じる渡辺淳一のエロス

ニュース

 津川雅彦が演じる渡辺淳一のエロス
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

出典 http://images-na.ssl-images-amazon.com

日本文学界の重鎮

来歴 編集

1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。

2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去[1]。80歳没。

2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。第1回の表彰は2016年3月に行われた[2][3]。

作品・作風 編集
主題は、評伝(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『無影燈』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多い。伝記は時期を問わず書き続けられている他、医療や身体から恋愛論、身辺雑記にいたるまで、幅広いテーマでエッセイも多く手がけている。その中でも、日本経済新聞朝刊に連載された、『化身』『失楽園』『愛の流刑地』の三作は爆発的なヒットとなり、映画化、テレビドラマ化され、大胆な性的なシーンも多かった。1997年の「新語・流行語大賞」には『失楽園』が選出されている。経済記事が主体の日本経済新聞に、毎日少しずつ連載されたロマンス小説が爆発的ヒットとなったこと自体も話題となり、連載の最終回の掲載された日の朝刊は、異様な売り上げを記録した。

これらの作品では、「いま一つさえない中年男が、魅惑的な女性と出会い、その女性にのめりこみ、二人で深みにはまっていく」というパターンで、いわば、「中年版ボーイミーツガール」といったストーリーが多い。そして、これらの小説では、おおむね、渡辺自身が投影されている中年男の一人称の目線でストーリーが展開する。特に、『愛の流刑地』では、相手の女性の内面描写はあまりなく、ほとんど一人称で進行するのが特徴的であった。また新聞掲載で読者をひきつけたことでわかるように、一見、漫然と話が進んでいるようであっても、「このあとどうなるのだ!?」という、サスペンス性があった。

2013年1月には、日本経済新聞文化面の私の履歴書を著している。この連載、また、「告白的恋愛論」などでは、自身の経歴(特に恋愛遍歴)を、かなり大胆に綴っており、どの小説のモデルはどの人、といったことにも、遠慮がちに触れている。

失楽園の日本テレビ系ドラマ版の主題歌を歌った、ZARD『永遠』のシングルCDジャケットの題字は、渡辺が毛筆による直筆で記したものである。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

渡辺淳一作品に出演している津川雅彦は秀逸

渡辺淳一はもともとは医者の出身。医学博士でもある。

数々のヒット作品をもとに人気を不動のものに。最近では中国でも極めて人気が高く、村上春樹と人気を2分すると言われる。

30代の後半から、作家活動に本格的に参入。

渡辺の作品は、男女の絡みを描かせると極めて完成度が高い。

心の奥底をその葛藤とともに切なく描く。

晩年の作品の失楽園はベストセラーにもなったが、中高年の男性の密かなバイブルとも言われた。

およそ中高年と言われる世の男性諸氏は、1部の者を除けば、たいていは男女の関係において充実した経験は持たない。

そういった世代に失楽園はまさにウけたのである。

失楽園はある意味、絶望的な作品である。最後に自殺してしまうのだからおよそ希望と呼べるものはないだろう。しかしそれを純愛と受け止めるのでしょう。

この作品に至るまでもたくさんの秀逸な作品が出版され、津川雅彦や他の俳優によって映画化された。

渡辺淳一作品に出演している津川雅彦はその役所をたくみに演じきっている。

中年男のいやらしさ、身勝手さ、それでいて子供っぽいと言えるような純粋さ。

お相手の女優さんとの絡みもあって完成度の高い映画となっている。




最近 Wowowでこの辺の作品をまとめてやっていたのです

この映画の主演女優は岩下志麻。

感情の起伏の激しい店のママを上手に演じきっている。

この時新人女優として紹介されたのが七瀬なつみ。映像は映画の冒頭部分。

なんと作家の野坂昭如先生まで友情出演。

作品に花を添えているのである。

ここら辺の渡辺作品は、そのほとんどがR指定なのでお子様は見るわけにはいかないか。

しかしながら男女の仲を描くその手法は、なかなか優れていると言える。

見方によってはへたくそなアダルトビデオよりもエロスを感じるかも。

こちらは女優黒木瞳の出世作

女優黒木瞳は宝塚出身。この当時の可愛らしさはちょっとした驚き。

この作品で大胆なベッドシーンと言うよりは、男女の性愛に不慣れな女子がだんだんと成長していく様を巧みに演じきった。

かなり頑張って演じている感があるが、相手の藤竜也の演技が素晴らしく黒木瞳をさらに際立たせていた。

この作品の藤もしょうがない中年のオヤジを好演していたと思う。

渡辺淳一の原作の巧みさが映画の中で生かされていた気がする。

渡辺淳一のお別れ会の様子

渡辺淳一にインタビュー

Twitterでは作品の紹介をしているみたい

まとめ

出典 http://img.recordchina.co.jp

最近は今日ここで紹介したような映画はほぼ作られる事はなくなった。

でも、多分今生きている男女の大半はこのような異性との関係をきちんと知りたいと思っているのではないか。

渡辺淳一が描き続けたエロスの世界は、主人公の中年男はおそらく自分自身の投影であろうと思われる。

おそらく男性であれば大抵の者が、1度や2度は映画のような経験をしたいと思うのではないか?

作品は全て物語である。映画化された段階で、果たしてどれだけ原作を上手に表現できているのかどうか、そこをよく考えてみる。

私思うに、失楽園などは、おそらく原作の方がはるかに素晴らしい出来だと思う。映画では、原作の感動が1部損われているのではないか。

もともとが文学作品なので、映画の台本にしたときに若干の無理が生じるのはやむを得ない。

もうこれから先映画化される事は可能性としては低いと思うので、今ある作品群を、せいぜい楽しみたいもの。

今回の記事は、この間からwowowでシリーズで渡辺淳一作品をやっていたので録画しておいたのを見て感想としてまとめてみました。

記事へのアップはいつもキュレーションサイトを使っていて、昨日は若干のバグで苦しんだものの、今日はすこぶる機嫌が良くここまで順調に作成できている。

こちらのサイトのお試しバージョンは無料なので覗いてみる価値はあります。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸