終活 考えてみる

ニュース

終活 考えてみる
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

出典 http://www.sekisyoen.co.jp

どうしても感じてしまう必要性

終活なる言葉は以前からありました。

もう一つの就活とは全く意味が違います。

不思議なものでまだ若く気力も体力も充実していた頃には全く考えなかったのですが、還暦を過ぎ、自分の身内も少しずつこの世を去る事態に遭遇すると、どうしても自分自身に置き換えてしまいますね。

なるべく客観的に考えてみて、なおかつ自分自身のことも考慮しつつ考えようと思います。

自分の一生を振り返ってみると、それぞれが皆さん、後悔することがどうやらあるのですね。

この映像で紹介された25の項目は、既にクリアできている部分、そうでない部分とに分かれるでしょう。

自分の身に置き換えたときに、全てが当てはまるわけではないことに気がつくと思いますね。

こちらは高齢者向けの企画

とても長い映像で、セミナーの中での様子です。

参考までに見ていただくと良いと思いますが、大抵の事は経験しなければ分からないんですよ。

すべてをこの通りにやる必要は全くないわけで、しかし、知識としてはないよりはあったほうがいいと思います。

できればお世話にはなりたくないのだが

遺品整理屋さん。ここ最近になってから出てきた商売ですね。

よく知られているのは孤独死されたような人の後始末等、請け負う仕事です。

中身はいくつかの番組で拝見しましたが、それはもう大変な仕事ですね。

様々ななくなり方が想定されますが、孤独死は正直なところ最も避けたい死に方ではないでしょうか。

高齢者でお一人様で暮らす人は、孤独死の可能性がとても高いのです。

誰かに看取られてなくなるのが理想ですが、お一人様の場合、誰かに自分の死を発見されることがあり得るんですね。

自分自身に能わった境遇ですから、文句を言えるはずもないですが、そういったことも含めて、終活の作業を進めておくのが良いのですね。

何かのときにはどのような整理整頓が自分自身が望んでいるのか、意思表示は必要かなと思いますね。

気になるお葬式に関わる様々な事柄

こちらはお葬式の費用その他に対する様々な報告ですね。

何度かお葬式を経験したことがあるときは、大体の事は想像がつくのですが、普通ご遺族の方にとっては、何もかもが初めてのことの場合が多いのです。

そしてこの初めての事は実はある日突然やってきますね。

ほとんど心の準備とか、希望とかそういったことを考える間もなく何もかもがぐいぐい進んでいってしまう。

遺族にとっての葬式は、大抵の場合こんな感じです。

なるべくならば残った人に負担をかけずに済むような配慮がされていれば、とても理想的なのです。

その時の思いつきではなく、じっくりと考えて、自分の意見なり考え方などを意思表示しておくことも大切でしょうね。

Twitterまとめ

最後に

出典 http://www.sankyo-kun.jp

今は終活カウンセラーとか、遺品整理士とか、仕事としても世の中に出てきているようですね。

そのポリシーはとてもよく理解できます。

後始末をするためのことだけではなく、これからをよりよく生きるために行う活動を応援するための仕事。

なかなか立派な良さそうな仕事に思えます。

しかしながら出発点は、実際に生きている私たち1人1人な訳ですね。

私たちがどれだけ覚悟を決めて自分の人生を生きるのか、そこが最重要項目です。

特に生きる事はすなわち死ぬことで、そこら辺のことをきちんと勉強するための具体的な方法は、ありそうで無いのです。

生き死にに関わる事は、過去からの連綿とした流れの中でおのずと学んでいかなければいけません。

自分自身の感じ方や希望だけではなかなか進んでいかないと思います。

生と死のことを手っ取り早く勉強するのならば、やはり宗教の側に、その認識や、対応の方法があるかなと感じますね。

しっかりと勉強したければ、それなりの努力をしなければいけません。

頭だけで考えてもなかなか難しいのですね、実践する方法をきちんと示しているのが、良い宗教と言えるでしょう。

大掴みに宗教といっても、様々なジャンルがありますから、いくつか試してみる気になりがちですが、宗教の掛け持ちはいけませんね。

どれか1つと思わなければならないのです。

この場合お勧めできるものと言うのは、自分で実践してきたものしかありませんが、私の場合、死生観のことでは仏教が1番かなと思っています。

仏教では生死を越えて貫く教えと方法があると思っています。

ここではなかなか説明できませんけれども、まず勧めて良いかなと思うのは、読書でしょうね。

様々な文献がありますから、何冊か読んでみて生き死にに関して勉強することから始めてはいかがでしょうか。

終活は、自分自身のポリシーがきちんと確立した段階でないとなかなかできるものではないと考えます。

特にお一人様の場合、必ず誰かのお世話にならなければいけません。

その時もお手数をなるべく最小限で済むように、あらかじめ手を打っておく事は今求められているものと思います。

今日でお彼岸が開けます。

この時期になるとどうしても生きること死ぬことを考えなければいけないと思いつつ、ダラダラと60年以上も過ごしてきたことを恥じていますね。

切羽詰まった事は無いと、タカを括っていられる今が、1番気楽なのかもしれません。

さて記事作成をキュレーションサイトで行っています。

あまり気乗りのするテーマではないと思いつつ、どうしても必要なことではあると思い、記事にまとめました。

本当にある程度の事しか参考にはならないと思いますが、その後に及んでうろたえることがないように、しっかり準備するのがいいと思います。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ