トランプ大統領の本気度 貿易戦争か?

ニュース

トランプ大統領の本気度 貿易戦争か?
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

出典 http://livedoor.blogimg.jp

鉄鋼関係 アルミニウム関係に関税を適用する

トランプ大統領のアメリカンファーストはかなり本気のモードになってきている。

彼はビジネスマンである。今回の関税発令も、アメリカのビジネスを考えたときにメリットになる方法を選んでいると思われる。

基本、ビジネスも彼のやり方だと兵器を使わない戦争である。

当然のことながら中国は大反発をしている。

報復措置も取られる模様。アメリカの農産物大豆などに報復関税をかけるらしい。

ほとんど泥沼の戦いになる感がある。

しかしながらアメリカの大統領ほどの人の発言だと、その影響力は甚大。

発言を受けて株価が大暴落したことでもその影響力がうかがえる。

貿易も国の防衛も トランプ大統領にしてみれば全く同じスタンス

アメリカの経済とりわけ貿易等は産軍一体と呼ばれる、兵器産業が大きなウェイトを占める。

トランプ大統領のようなマインドの人がアメリカのトップにいる限り、このアメリカ最強のアイテムを有効活用しない事は絶対にありえない。

トランプ大統領は、戦闘機を始めその他のミサイルや爆弾等、全てがビジネス材料である。

考えるにこれらの製品は実に利益率が高い。

この利益を脅かすような脅威は大統領の性格からして絶対に排除しようとするだろう。

今回の関税措置も、よく見てみればうなずける内容だ。

しかし、周りの国々は大きく振り回されることになる。

ユニークなコメントですよ

トランプ大統領の貿易赤字解消のための申し入れ。

内容聞いてみると、全く自分勝手なことがわかるのだが、所詮ビジネスなんてそんなものじゃないですか。

このコメントもユニークなところは、日本の国益になるのなら放っておけと言う自分勝手な発言。

経済に関しては、良い子でいようとすればうまくいく通りがない。

どの分野でもある傾向だが、相手を出し抜く位のしたたかさがなければ、成功にはおぼつかないのである。

しかしトランプ大統領の言い分は、アメリカの製品を買ってくれと言うことにも通じている。

アメリカから購入できる製品は、意外と少なかったりするのだ。

まさか個人でF35 を買うわけにはいかないだろう。

あの大きいだけが取り柄のアメ車だったらいらないしね。

そうなると、農業製品に偏ってしまうわけで、金額的には大体お安いのです。

アメリカに望みたい事は、もっとよその国の、要するに売先のニーズを汲み取ってほしいですよね。

不必要なものはいらないので。

Twitterまとめ

まとめです

出典 http://dol.ismcdn.jp

聞くところによるとトランプ大統領は2020年の大統領選にも出馬するらしいです。

よその国のことではあるのですが、アメリカはまたこの大統領を選ぶのでしょうかね。

ちなみにその時の日本の総理大臣は誰になるのでしょうか。

今の安倍総理大臣ですが、2020年まで総理大臣でいる可能性はちと厳しくなりましたね。

今巷を騒がせている森友の関係。おそらくこの問題で致命傷を負う気がします。

お気の毒だとは思いますが、身から出た錆ですね。自業自得と言う奴。

さてビジネスにも、当たり前の事ではありますが、信頼関係や、商モラルも必要でしょう。

トランプ大統領のやり方がどこまで通用するのか、しばらくの間は注目したほうがよさそうです。

見ていると株や為替関係にずいぶん影響が出ているようですよ。

記事作成はキュレーションサイトで行っています。

何日も前からこのニュースについてアップしようと思っていました。

とりあえず今の段階でコメントできるのはこのぐらいでしょうか 。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ