変われるのか アメリカの銃社会

ニュース

変われるのか  アメリカの銃社会
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

出典 http://afpbb.ismcdn.jp

フロリダの銃乱射事件も衝撃的でした

アメリカではしょっちゅう起こる事件

フロリダ州オーランドのゲイナイトクラブで男がAR-15シリーズの自動小銃を乱射した後、店内に立てこもった[1]。約3時間後に特殊部隊が突入し、男は射殺された[2]。これにより容疑者を含む50人が死亡し、53人が負傷した[3][4][5]。これは銃乱射事件の被害としては2007年のバージニア工科大銃乱射事件を超えてアメリカの犯罪史上最悪(当時)となった[3]。

容疑者はアフガニスタン系の両親を持つ、フロリダ州在住の男で、過激派との接触があったとしてFBIにより事情聴取を受けたこともあった[6]。

男は犯行中の午前2時22分頃に警察に緊急通報をした際、ISILに忠誠を誓う発言や2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件への関与をほのめかす発言をしており[7]、ISIL系のサイトも「ISの戦士が実行した」と事実上の犯行声明を出している[8]。更に同ナイトクラブが同性愛者が多数集う場所で、日頃より男に同性愛者を嫌悪する発言が目立っていたためヘイトクライムの可能性を男の両親やCNNが指摘している[9][10]。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

犯行現場の生々しい模様

銃規制の動きは高校生の子供たちから

アメリカでの 銃規制はことのほか難しい

アメリカでは毎年のように銃乱射事件が起きていますね。

今回はフロリダの高校で起こりました。過去に起きた事件と照らし合わせてみても犠牲者は1番多く、過去最悪となったようです。

何ヶ月か前にもラスベガスで同様の事件があったばかりですね。

一般の人が手軽に銃を手に入れられるのがアメリカの大きな特徴です。

アメリカの歴史から見ても、ベースになっているフロンティア精神は、銃による自己防衛が基本となる考えですね。

銃で身を守る考え方は、出発は恐怖心でしょうね。

アメリカ人と私たち日本人はそのアイデンティティーが全く違うことが如実に証明されている気がします。

今回の事件を受けて、いつものように銃規制の話が持ち上がります。

規制の話はいつも持ち上がっては消え、その繰り返しだったのですが、今回の運動の元になった人たちは高校生です。

自分たちの同級生を失ったその子たちが規制運動を展開し始めてますね。

わかりやすいアメリカの歴史

こちらの映像はアニメで作られたアメリカの歴史です。

銃社会になっていく様を興味深く描いています。実はこの映像は英語バージョンがベースなんです。うまい具合に日本語吹き替え版が見つかったので紹介してます。

映像の中でも語られていますが、やっぱり恐怖心を感じることが出発点なんですね。

銃規制の話は、その都度起こりますが、必ずと言っていいほどうやむやになるのが実情です。

銃規制に真っ向から反対する全米ライフル協会

米フロリダ州の高校で17人が死亡した銃乱射事件を受け、銃規制をめぐる議論が米国内で高まるなか、全米ライフル協会(NRA)の広報担当者は25日、「銃のいかなる禁止も支持しない」と述べた。

出典 http://www.bbc.com

出典 http://livedoor.blogimg.jp

全米ライフル協会は、アメリカ国民の銃の保持を推進する側の団体です。

政治的な力も極めて強く、この団体を敵に回しては大統領選挙も戦えないとされる位、アメリカで1番の団体と言っていいでしょう。

この団体があるうちは銃規制の話は、進まないとみて良いでしょう。

過去に起こった悲惨な事件。かなりの数があるんですよ。

にもかかわらず現状は全く変わっていません。

銃を持つ事はアメリカ人の基本的人権なのだ、それが言い分のようです。

アメリカが持ち続けているフロンティア精神は、出発が恐怖心なのだと知ったならば、多くのアメリカ人は認識を改めるかもしれません。

Twitterでの投稿

人殺しはやっぱりだめでしょう。準備するのも含めて

出典 http://afpbb.ismcdn.jp

子供たちから沸き起こった銃規制の運動。

もしこのまま規制をすることができるようになれば、アメリカの値打ちは格段に上がるはずです。

しかしここで規制が行われることなくそのまま現状維持ならば、これからも不幸な事件は起こってくると思う。

銃は身を守るためにはあまりにも殺傷能力が高すぎませんか?

護身のために何かを所有しなければならないとして、強力な武器を持つ事は、日本人の側からすればナンセンスなことなのです。

のどかと言ってしまえばそれまでですが、日本では周りにそこまでの恐怖を抱く人はほとんどいないと思いますよ。

アメリカの本当の課題は、国が発展する時からずっと抱き続けてきた恐怖心ときちんと向き合うことでしょうね。

人殺しの道具を所有して仮に身の安全を守ったとしても、自分の安全を自分以外の者の犠牲の上に成立させることですよね。

良識ある日本人は、自分の利益が他人の不利益になることをよしとしません。

アメリカのお国柄に関わることなので、あまりたくさん口出しはできませんが、まだ10代の子供たちが無慈悲に犠牲になるような事件は、国が違っても見過ごせない気がします。

抜本的な改革は絶対に必要ですよね。

この事件はもう1ヵ月も経つのですが、いずれ記事としてアップしようと思っていました。

キュレーションサイトでいつものようにAIで下調べをしてこしらえています。

記事を書くのはそれほど苦労では無いのですが、事件の悲惨なことを考えると、さすがに胸が痛みます。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ