「浄化」をキーワードにしたホワイトセージと天然石配合の浄化グッズ専門ブランドLUCAS

宮沢りえ主演 “湯を沸かすほどの熱い愛 ”なんてけな気な役を😭

ニュース

宮沢りえ主演 “湯を沸かすほどの熱い愛 ”なんてけな気な役を😭

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

Wowowでやっているのを拝見したのです

びっくりするほど感動した映画でした。りえちゃんの演技が凄いですよ

女優としての宮沢りえは正直なところそれほど気に留める存在ではなかったのでした。

ただこの映画に関してはびっくりするほどの素敵な役柄だったのです。

40歳を過ぎた母親の役どころ。見事にはまってましたね。

様々な演技の上手な女優さんはたくさん知っていますが、この女優さんも間違いなくその1人に加わったと思います。

予告とメイキングから映画を見てみましょう

Twitterでも称賛の声がたくさん

まとめ

出典 http://livedoor.blogimg.jp

複雑な役どころ演じていた。

聞けばこの映画の監督はとても若く、これがご自身の初脚本、初監督なのだそう。

ストーリーというか物語の設定が、かなり複雑に入り組んでいるので、最初映画を見始めたときにはちょっと理解しきれなかったですね。

オダギリジョー演じるしょうもないお父さんがすべてこしらえた子供たちの、その母親の役を演じたのです。

宮沢りえちゃん自身は義理の母親の役で、この子たちとは血がつながっていない。

それでも、自分自身のポリシーに基づいて子供たちと正面から向き合っていく役どころ。そのことが、監督の演出も良かったのでしょうね、とても感動的に描かれていました。

そして重要な設定の中でりえちゃん自身が膵臓癌の末期で余命2ヶ月との設定がありました。

膵臓癌は癌の中でも、極めて治りにくく悪性度が高いのが特徴ですね。

私も身内で2人膵臓癌で亡くしているので、そのプロセスは手に取るようによくわかっていますが、特に監督の演出で、りえちゃんがなくなるときの様子がまさに本物かと疑うほどのリアル感がありました。

自分自身の身内で起こった不幸を、改めて思い出したぐらいですから。

最後に物語が巧みにまとまっていくあたりが、監督のなみなみならぬ腕前を感じましたね。

それにしても宮沢りえという俳優は、大変な実力を身にまといつつあります。

演技がとても自然なこと、特に派手な感情表現をしなくても、役柄が普通に、見ている者に伝わってくるのですね。

実は激しい感情表現はたいていの女優さんは皆上手なのです。

当たり前の、ご飯を食べたり、会話をしたりなどのごく普通のことが自然に伝わってくることが 、私の中ではいい役者さんの条件となります。

しばらく注目していない間にずいぶんと成長した感があります。

無類の映画好きを自認する私は、たいていの映画は評判を抜きにしてみようとする傾向にありますが、宮沢りえちゃんは失礼ながらノーマークでした。

これでまた映画の面白さが1つ加わってきた気がします。

これから間違いなく注目すべき女優さんになってきてますね。

記事の作成はキュレーションサイトでいつものように行っています。

宮沢りえのキーワードを中心にAIに命じて様々調べさせました。

この程度の記事は誰にでもかけるのがこのサイトの魅力です。

無料のお試しバージョンも用意されているので。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ