片岡鶴太郎 つるちゃんと言っては失礼かな?

ニュース

片岡鶴太郎 つるちゃんと言っては失礼かな?
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

出典 http://thumbnail.image.rakuten.co.jp

出発はお笑い芸人 愛称 鶴ちゃん

記憶にある所では、小林旭の歌まねをやっていたと思う。

その頃のつるちゃんはまだふっくらとしていて、今のような研ぎ澄まされたイメージはなかった。

大げさなリアクションで受けていたと思う。

後にその芸風は だちょう倶楽部などに引き継がれた。

驚くほどストイックな性格

ヨガにとても凝っていて、インストラクターの資格も取得している。

とにかくストイックである事はこの上もない。

そのストイックさゆえに、奥さんと離婚したとの告白も聞いたことがある。

独特の感性は、常に研ぎ澄まされていて、彼の場合結果と絶妙にリンクしている。

彼は画家としてもかなり有名である。

その時にとても大きな特徴がある。もともと右利きであるにもかかわらず、絵筆は左手に持つのである。あえて利き腕でない方の手を使うことで、絵の感触が常に新鮮であることを画策しているのだろうか。

しかしながら出来上がって見る作風は、私の感じるところでは、葛飾北斎の流れを組み、棟方志功を彷仏とさせるものがある。

結論から言えば極めて完成度が高い。

Twitterのまとめ

彼の生き方に憧れる意見は多い

まとめ

出典 http://www.akaganemuseum.jp

画家ばかりではなく、ボクサーとしての側面もあり、役者としても随分と活躍している。

とても才能豊かなことを感じるが、本人は好きなことを一生懸命やっているだけの認識しかないようだ。

ストイックと言ってしまえばそれまでだが、そのストイックさゆえに奥さんと離婚したのは、少し残念な気もする。

あれだけ活躍すれば、すれ違いになるのもやむを得ないことかもしれないが、何かを成し遂げようと思ったなら、人様々ではあるが、家族の協力はとても大切と考える。

片岡鶴太郎はその点に置いて、まだ少年の心意気を感じる。

思うに役者としても一流だと感じる。

役者の値打ちを把握するのに、私が注目するのはその人がどれだけバラエティーに富んだ役柄を演じることができるかなのだが、片岡鶴太郎は実に様々な役をこなしてきた。

昔演じた、たこ八郎の役とか、時代劇での臆病な殿様の役とか、「偉人たちの夏」の主人公の父親の役。どれも皆、全く別な性格の人間。

器用に何でもこなせるイメージがある。

また金田一耕助の役も有名なところ。

彼は1,954年の生まれ。ちょうど私の1歳年下にあたる。

もう還暦を過ぎているわけで、人にもよるが、自分の人生の後始末をそろそろ考える頃。

しかしながらその旺盛な好奇心で次々と新しいことにチャレンジしているようだ。

当分の間は1人での活動にはなるのだろうが、様々な分野においてきっちりと結果を残していくに違いない。

記事作成はキュレーションサイトで行っています。

映画、美術、音楽など様々な分野に興味があって、総合的に活躍しているのは誰だろうと考えたときに真っ先に出てきたのが片岡鶴太郎。

私と全くの同世代であることにもとても好感が持てる。

できるものなら彼のような自由な生き方はちょっと憧れがある。

彼のこともAIに命じていろいろ調べてみました。その結果ですね。

こちらのサイトは、様々な点でいろいろとアシストしてくれるAIもあって、楽ちんに記事をこしらえることができるのです。

無料のお試しもあるのがなかなか優れたところなんですよ。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ