ジャニスジョップリン 映画 ローズで描かれた R&Bの女王

ニュース

ジャニスジョップリン 映画 ローズで描かれた R&Bの女王
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

出典 http://www.tapthepop.net

アメリカを代表するR&Bシンガー わずか27年の生涯だった

映画ローズでベッドミドラーが主演した

映画ローズのイメージはとても強い。

若くして亡くなったジャニスジョプリンの一生を描いていた。

主演したベッドミドラー。この役柄はまさにはまり役。

ミュージカル映画では無いのだが、歌を歌うシーンがとても多かった記憶が。

ジャニスの歌いっぷりは、真似しようとしても付け焼き刃では到底無理である。

映画の前に、運良く私は本物を知っていた。

ジャニスは決して美人とは言えないルックスだったが、その愛くるしいキャラクターと、他を圧倒するソウルフルな歌いっぷりで極めて評価が高かったのです。

映画ローズのテーマは、ベッドミドラーの歌唱です。

ミドラーがスゴ腕でのシンガーであることを如実に証明していますね。

こちらはご本家ジャニスジョプリン

この“サマータイム”は彼女の最高傑作の1つ

サマータイムの歌いっぷりでジャニスの凄さがよくわかりますね。

R&Bシンガーとはこういったものかと思い知らされます。

男性歌手で、レオンラッセルがいましたが、彼も極めて優れた歌手でしたが、私の感想ではジャニスには遠く及びません

こちらも代表曲の1つ”ムーブオーバー“

歌って訴えることに関してまさに第1人者のパフォーマンス。

60年代後半から70年代にかけての若者たちが憧れる理由がなんとなくわかる気がします。

私が知ったときには彼女は既になくなっていました。

今改めて聴き直してみても、心地よく耳に響きます。

Twitterまとめ

最後にまとめとして

出典 http://thursday.jp

ジャニスの自伝やインタビューを読んだことがあるが、音楽に対する想い入れは極めて強い。

彼女がとても高く評価していたのはゴスペルシンガーのマヘリアジャクソン。

マヘリアもまた歌で何かを訴えようとするMessenger的なシンガーだった。

マヘリアジャクソンはルイアームストロングと同世代の黒人歌手。

当時、マヘリアジャクソンはゴスペルの女王と呼ばれた。

ジャニスの人生から感じる事は、病的なまでの寂しがり屋であったこと。

その寂しさを紛らわすために幾多の男と関係を持ち、また酒と薬物に溺れた。

27歳で既に体は取り返しのつかないところまでボロボロに蝕まれていたようだ。

しかしながら歌にかける情熱は、あの絞り出すような歌いっぷりとともに、圧倒的な破壊力を持って今に伝わっている。

ジャニス以後、様々な歌い手が世に出てきたが、彼女の流れを直接継承できる歌い手は残念ながらいないようだ。

残された映像や音源で楽しむしかあるまい。

こちらの記事はいつものキュレーションサイトでこしらえています。

いつものようにAIに下調べをさせて、私は口頭で話しかける感じで作っています。

昔ときめいた歌手なので、簡単に作成できるのが魅力ですね。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ