zard 坂井泉水 色褪せることのないディーバ

ニュース

zard 坂井泉水 色褪せることのないディーバ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

出典 http://www.rbbtoday.com

永遠の歌姫 いつまでも忘れられない坂井泉水

歌手酒井泉水が亡くなってから今年で11年目。

一般的には13回忌とされる。

もうそんなに経ってしまったのかと、はるかに思いを巡らす。

この人の歌ほど、嫌味なく多くの人に愛された歌声はなかっただろう。

本人は多分意識していなかっただろうが、とてもがんばっている割には、その頑張りをひけらかさない歌いっぷりがたくさんの人に支持されたと思う。

素直さ、健気さ、そしてそこはかとなく漂うほのかなエロチシズム。

説明すればするほど説明しきれないもどかしさを痛烈に感じてしまう。

もともとモデルもやっていたので容姿淡麗なのは言うまでもなく

歌手として売り出す前は何でもやっていたと思う。

レースクイーンのような仕事もやっていたし、セミヌードモデルもこなしていた。

決して体格の大きな人ではなかったが、清楚な美人でスタイルの良さも抜群だったことを受けて、様々なお声をかけてもらっていたらしい。

歌手としては、初期の頃はテレビやコンサートも普通にこなしていたが、知名度が増してきた頃から、メディアに姿を晒す事はほとんどなくなった。

ヒットチャートによく名前を連ねていたが、ほとんどはCDジャケットの写真だけの紹介で映像として紹介される事はとても少なかったのである。

残った映像を見ていても、真面目なとてもきれいなお姉さんのイメージ。

ほとんど普通の人と言っていいぐらいの自然体の様子。

また見る限りでは、お化粧がすっぴんに近い薄化粧で男性の目から見た時も好感度が高いと言える。

いまだに正確な死因は不明

Twitterまとめ

まとめ

出典 http://dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

彼女は40歳の若さで亡くなっている。

最後の数年間は、婦人科系の病気を発症し、またガンの闘病も重なって病院に入院をすることになった。

11年前の5月27日、早朝の病院で3階の手すりから落下してなくなってしまったのである。

自殺説を唱える話も多い。また事故死を主張するものもいる。

どちらも、正確な検証はできずに今に至るのであるが、自殺をするには少し説明が弱い気がする。

闘病生活はがんの転移も指摘されて厳しいものはあったと思うが、それでもまだ散歩する体力は残っており、人生を悲観してとは考えにくいのではないか。

事故死の説明も少し印象が弱い気がするが、こちらの方がどちらかと言えば納得できるのかなと思う。

彼女は3階のスロープの手すり部分にお尻から座ろうとして落下したものと思われている。

散歩の前か後かはわからないが、ベランダに座って外の景色でも眺めてみようと思ったのではないだろうか。単純に考えてベランダを超えて足を投げ出して座る事は考えにくい。

ベランダに腰掛けたいのならば、やはりお尻を乗せて足は階段側に置くのが普通だろう。

あの細い手すりのベランダであれば、間違って後ろへひっくり返ることなど容易に起こりそうである。

しかしわずか40歳の人生をここで終わってしまうのは、甚だ理不尽なことと痛感するのだ。

生きていれば今51歳になるわけだ。きっとふさわしい人生を送っていたのに違いないのにと、今、思い出しても悲しい気持ちにさいなまれる。

彼女の残した歌声は、いまだに多くの人を励まし続けている。

彼女は有名になってから、特に人前に出ることを避け続けた。

彼女なりの思うところがあったのだろうか。

映像を見て感じるのは、少なくともテレビ向きの人ではない気がした。

他人に媚びへつらう印象が全くないのである。それでいて、決して自慢げに自分を誇示するところも全くない。

ひっそりと自分の心の内側に向き合って創作活動を続けることが1番の安らぎだったのかもしれない。

残念ながらもうお亡くなりになっているので、残された様々な歌で感じるしかないが、おそらくこの先もたくさんの人を勇気づけ励まし続けるのに違いないのである。

最近YouTubeの画像をチェックしていてZARDの映像がとても多いと思ったので、私なりに記事としてまとめてみました。

いつものキュレーションサイトですが、映像ソースもかなり多くて、AIに協力させる作業もすこぶる楽ちんだったと思います。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ