「浄化」をキーワードにしたホワイトセージと天然石配合の浄化グッズ専門ブランドLUCAS

日本の包丁 類い稀な優れもの

ニュース

日本の包丁 類い稀な優れもの

出典 http://www.shakaika.jp

日本の道具作りの真骨頂 日本の包丁

日本の包丁の優れているところは世界中から注目されるところ。

とにかく切れ味の鋭いこと、使い勝手の良いこと。

日本の包丁作りは日本刀の刀鍛冶にルーツがあるのです。

日本刀の製法は刀鍛冶によって代々受け継がれてきました。今は日本刀を作る事は基本的にはないわけですが、現存する日本刀の1部は国宝に指定されています。

鉄を折り曲げてはたたき、また折り曲げては叩き、そして刀身の部分と刃の部分は材質が違うのです。

異なる性質の金属を1つの刃物の上に体現する。

日本の刃物技術の真骨頂と言っていい。

海外からも絶賛される日本の包丁

外国人シェフは日本の包丁に憧れると聞きます。

マニアックなシェフたちは、わざわざ自分の使う包丁を日本まで買いにくるのです。

そこまでしても欲しい日本の包丁。

第一の理由は切れ味でしょう。ほとんどカミソリに匹敵するほどの切れ味です。

ほとんど力を入れることなく刃物が素材に食い込むように自然と入り込む。

よく切れる包丁使ったことがある人は、その想像を超えた切れ味に感動を覚えるのです。

特に外国人シェフが憧れるのもその次元の違う切れ味に他なりません。

Twitterまとめ

最後に

出典 http://cdn.amanaimages.com

大体良い刃物は手作りと相場が決まっています。

私もこの年にして料理を作るので、何年か前に使い勝手の良い包丁を求めて刀鍛冶の作った手作りのものを使用しています。

できれば10,000円か20,000円程度で普段遣いの包丁と出刃包丁買おうと思って近場で開催されていた刃物市へ。

そこで気がついたのは、手作りの刃物は1 〜20,000程度の予算では決して手に入らないと言うこと。

だって包丁1本普通に20,000から50,000位しましたもの。

予算が足りなく途方に暮れていたところ、店員とおぼしきおじさんがそばにやってきて、普段遣いならばお買い得品を用意しているのでそれを使ってみてはとの提案。

手作りの包丁はその制作過程において、うまくいかずに傷が入ったりするものがどうしても出てくるのだそう。

それはもとに戻して作り直すよりは、そのまま傷ありとして仕上げてしまった方が労力が少なくて済むんだそうです。

それをお勤め品として勧められたわけ。

おかげで少ない予算で自分の必要とした包丁が2本手に入ったのです。

初めて使った時の切れ味には少なからず感動。

テレビのコマーシャルで見かけるようにトマトなんかはするすると切れます。

あとよくある、鶏肉。この辺も何の苦労もなく切ることができるのです。

また出刃包丁は出番は少ないのですが、釣り好きの友達が年に1度、鮭を釣ってくるので、それを裁くときには必ず使うことになります。

骨を断ち切るのも極めて楽ちんですね。

よくあるディスカウントショップで売っている、1,000円2,000円レベルの包丁では決して望むべくもありません。

長い目で見た時も特に包丁は良いものを使ったほうがいいと、経験から言えますね。

ネットでいろいろ検索をしていたら日本の包丁の優秀なことを映像で拝見しました。

私自身も自分で使っているので記事としてまとめることに。

いつものAIを利用したキュレーションサイトでまとめています。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ