タバコ 値上げし続けてきたことを考察してみた!

ニュース

タバコ 値上げし続けてきたことを考察してみた!

出典 http://ick50283.info

タバコの愛好家は多いのです

芸能人は様々なことがニュースになっちゃいますが愛煙家であることも当然その一つ。

意外な人がタバコを吸っているって事はそれはありますよね。

”タバコを吸う位 なんだ❗️“とそう思ってしまいます。

今更タバコの良し悪しを議論したって始まらない。

でも愛煙家の人にとっては経済的な負担も結構なものなんですよね。

過激な意見 でもこれは案外正論

これくらい真っ向から言い切ってもらえると、タバコを吸う人もきっと力を得るに違いない。

最近では愛煙家は肩身が狭いのです。

だいたいどこもみんな禁煙ですから。思い通りにタバコを据える場所なんてありはしません。

また値上げに続く値上げで、一体いくら税金を納めさせられるのだろう。

愛煙家からせこく税金を巻き上げるのだから、それなりの見返りがあったって決して的外れでは無いはず。

タバコを吸う行為そのものは、自己責任で行くしかありません。

国は、たばこ税はそれなり魅力なんですが、タバコによる健康を害したときの様々なメンテナンスにかかる費用考えると、どちらが得かの算盤を弾いている節が。

愛煙家としては、大きなお世話と思っているでしょう。

タバコを吸わない私自身も、そのような気がします。

値上げラッシュ

私がタバコを吸っていた30年以上も前、私はその時ショートホープを吸っていたが、 10本入り1箱50円だったですね。

今はいくらするんでしょう。

私がタバコをやめた大きな理由の1つは、経済的な負担がより増していくからでした。

やはり月に10,000円以上の予算はかかったので、貧乏サラリーマンとしてはちときつかった。

酒を飲む習慣がないので、タバコだけはと思ってはいたけど、結局それも手放すことに。

健康を害する様々な脅しが周りでたくさんあって、それも止めるためのきっかけに。

あの当時は禁煙外来なんて気の利いたものはなく、ひたすら我慢の子でやめるしかなかったですね。

楽しみが1つ減ることが、とても残念な気がしたものです。

Twitterまとめ

まとめ

出典 http://hongkong-bs.com

世界各国のタバコに対する認識がわかると言うもの。

タバコに正義があるとはどこも思っていないんですね。

しかしながらタバコを吸う人の気持ちを考えると気の毒な気がします。

ここまで脅されて、しかもたかられてそれでも吸いたい気持ち。

巷でよく言われる分煙ですが、意外と効果がなかったりするんですよね。

完全に封鎖して遮断してしまわないと必ず煙は立ち昇ります。

そしてタバコを吸わない人間からすると、タバコを吸っている人の体に染みついた匂いはかなり強烈です。

少しそばに寄っただけでかなりのタバコの匂いが立ち昇るのですぐにわかります。

それが相手を不愉快な気持ちにさせるとはあえて言いませんが、実はタバコを吸っている人はこのことに全く気がつかないか、気が付きにくい傾向にあります。

タバコを吸う人吸わない人が仲良く共存とはなかなか行きにくいですが、それぞれの人たちが肩身の狭い思いをすることがないようなことを望むばかり。

記事作成のきっかけは、かつて私がかなりのヘビースモーカーだったことに由来。

1番吸っていた時で、両切りのショートピースを1缶、つまり50本必要だった。

また紙巻きタバコには飽きたらず、 パイプ、葉巻などにも手を染めていた。

典型的なニコチン中毒、タール中毒だったですね。

やめる時は意外にもふとしたきっかけでやめてしまえたのです。

健康を害したときが1つのきっかけにもなったと思います。

タバコがおいしくないと感じるのは、かなり説得力がありますよね。

30歳になる直前に止めたので、今年で35年間、禁煙しています。

今はタバコを吸う感覚をしっかり忘れてしまっていますね。

記事作成はキュレーションサイトで行いました。

2番目の映像を採用するかどうかを迷いましたが、ある意味、的を得ているなと思ったので紹介することに。

タバコをやめたいと思っている人、やめさせたいと思っている人、さしたるアドバイスもできないですが、要はタイミングだと思いますよ。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ