萩原健一 ショーケンと呼ばれて

ニュース

萩原健一 ショーケンと呼ばれて
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

出典 http://i.pinimg.com

グループサウンズの時代から才能に溢れていたのかも

萩原 健一(はぎわら けんいち、1950年7月26日 - )は、日本の俳優・歌手。埼玉県北足立郡与野町(現:さいたま市中央区)出身。ニックネームは「ショーケン」。由来はデビュー前の不良仲間、ダイケン、チューケン、ショーケンから。元ザ・テンプターズ、PYGのリード・ボーカル (PYGは沢田研二とのツイン・ボーカル)。血液型はO型。所属事務所はKR株式会社(2016年8月よりオスカープロモーションと業務提携[1])。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

俳優としてももちろん有名ではあるが、ザテンプターズのボーカルとしても当時かなりの人気を博していた。

ザタイガースの沢田研二と人気を2分すると記憶。

様々なヒット曲があるが、決して上手とは言えないボーカルなのに女性をはじめ、人を惹きつける魅力が。

今聞いても、可愛くて素敵だなと。

しかしながら歌手としては、年齢を得てからのほうがはるかに味わいを深めている。

彼の場合、美味さに訴える歌手ではない。その持ち味は、独特のしわがれた声の訴えかけるボーカル。

長く歌い続けることによって、より人気は増している気がする。

役者としての評価が上がったのはこれ 大河ドラマ「利家とまつ」での明智光秀役

明智光秀が信長に対して怒りに目を血走らせ、しわがれた声、そして興奮のあまり裏声にひっくりかえった発声。

ドラマの緊張度をいやがおうにも高めていたと思う。

ドラマでは松嶋菜々子や、反町隆史の出演で、重厚さには欠ける気がしていた。

戦国時代を題材にしているのだから、どこかで引き締まった演出はぜひとも必要なところだったが、この場面において、それは果たせたと言っていい。

萩原健一の役者としての優れた才能を垣間見た気がする。

浮き名を流し続けて今日に至る

歌手あるいは役者としても表現する者としては一流の彼。

その優れた感性は周りの人にとっても魅力なのだろう。

幾多の女優たちと浮き名を流す。

現在の奥様は4度目の結婚での伴侶。

同世代の男としてある意味羨ましさを感じる部分もある。

Twitterまとめ

まとめ

出典 http://www.oscarpro.co.jp

最近の活躍を見ていると、やはり役者としての才能が光っていると思う。

このドラマは戦後の総理大臣吉田茂を演じている。

実にうまくビジュアルもまとめていて、役者としてのストイックさがうかがわれる。

表現者として一流と言っていいだろう。

1950年生まれなので、今年で満68歳になる。五黄土星寅年の生まれである。

好むと好まざるとにかかわらず、この星の生まれは帝王の星で、必ず人の上に立つ星とされる。

どこまで本当かはわからないが彼には、様々なスキャンダルもついて回る。

見ていると年齢を経てからのほうがはるかに魅力の度合いを増しているわけだし、長生きして良い作品にたくさん出演してほしいものである。

70歳を過ぎて活躍する俳優歌手もたくさんいるわけだから、彼もその仲間入りをして多くの人に夢を与え続けてほしいものである。

記事作成はキュレーションサイトで。

この間テレビのニュースで新しいアルバムの紹介がなされていた。

そのことを受けての記事作成である。奇しくも私よりも3つ年上。

昭和を代表する芸能人の1人として紹介できるだろう。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ