半分青い NHK朝ドラのススメ

ニュース

半分青い NHK朝ドラのススメ

出典 http://kyun2-girls.com

永野芽郁 ラブ❤️

芽衣ちゃんの略歴

小学校3年の時に吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り[3][4][5][6]。2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役としてデビュー[7]。

2010年からファッション誌『ニコ☆プチ』(新潮社)でレギュラーモデルを務め、2013年6月から[4]2016年3月まで[8]は姉妹誌『nicola』(新潮社)のモデル(ニコモ)として活動していた。ニックネームは「メイ©」[9][10]。

2010年のドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日)では主人公・芳賀稲子(吉瀬美智子)の小学生時代の役、2013年の大河ドラマ『八重の桜』では山川常盤(佐藤みゆき)の少女期を演じた。

2015年公開の映画『俺物語!!』でオーディションを勝ち抜きヒロイン役に抜擢された[11]。

2016年の連続ドラマ『こえ恋』(テレビ東京)で、ドラマ初主演[12]。同年8月から雑誌『Seventeen』(集英社)のモデルとして活動している[注 1]。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

しばらく見ていなかった朝ドラを最近からまた見ることに。

1,990年代のお話。私にとっては意外と最近のことかな。

ちょうど携帯電話やゲーム機などが主流になるちょい前の時代。

バブル華やかなりし頃のお話。

見始めると、続きをどうしても見てみたくなるのですっかりはまった感じがあります。

主役の永野芽郁ちゃん。調べてみるとかなりの経歴の持ち主ですよ。

まだ18歳の少女なのにね。

いろいろ調べてみても、ファッション関係のモデルから、テレビ映画に引っ張りダコなのがよくわかります。

ぱっと見た目、普通にかわいい系の女の子かと思いきや、なかなか度胸の座った演技もしているし、何よりもこのドラマの時代背景、そして脇を固める俳優たちの名演が何とも言えません。

豊川悦司がなんとも良い役柄で

豊川悦司は私がとても評価する俳優の1人。

このドラマの中でも、一風変った漫画家を実に印象深く演じていますね。

彼以外でも多分行けたとは思うのですが、何度か見ているうちに豊川悦司でなきゃダメだと言う気持ちになってしまうのです。

またアシスタントの井川遥とかとてもわかりやすい持ち味で、好感を持てるのです。

こういったストーリーが展開していくことに最も重要なのは何かと問われると、作家阿刀田高の言葉を借りれば、それはすなわちディティールですとなります。

この物語の随所に展開される、様々な表現が、一つ一つ物語を作っている。

久しぶりに楽しめていますね。

マグマ大使も物語よりは古い時代ではかなり有名でしたよ

マグマ大使について書いてみた私の記事です

まとめ

芽衣ちゃんのインスタリンクを貼っておきましょう

才能ある人たちが、熱意を持って番組を作っていくのはとても好感が持てますね。

演技とはこういうものだとそう感じます。

この作品の中では誰1人として俳優陣は素の自分を出していないと思うんですよ。

すべては演技をすることで成り立っている。

そこのところに朝ドラの値打ちを感じます。

これからも録画してでも見るに違いありません。

記事作成はいつものキュレーションサイトで行いました。

この手の記事を書くときにAIの働きはとても助けになるのです。

何度か手がけていくうちにすっかり手慣れたものになるのが嬉しいですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ