ジュラシックワールド 炎の王国 物語が訴えてくること

ニュース

ジュラシックワールド 炎の王国 物語が訴えてくること

出典 http://afpbb.ismcdn.jp

ストーリーに力強さのある物語

どうしても見たい映画があると、無理してでも見てしまう映画マニアです。

ジュラシックパークから1連の流れで作ってきた映画。

原作がマイケルクライトンでベストセラーの小説です。

原作を読んだ方だと、映画が原作ほどは面白くないと言う意見もある位、原作の文章の完成度は極めて高いようです。

それらを踏まえたこの映像は、極めて入念に作られており、ネタバレしてしまいそうになる位、物語を人に披露したくなりますね。

映画マニアなら知っている古い時代からの俳優

ジュラルデン.チャップリン

出典 http://moviemovie.online

名前からも分かる通り、ジェラルディンチャップリンはあの喜劇王チャップリンの娘さんです。

映画の中ではとても重要な役どころだったと思いますね。

かなりお年をめしたのでしわしわで、お顔を見るとお父さんのチャップリンがちょっと被ります。

この方はイタリア映画とかに出ていたのです。

初めて見たのはパゾリーニの「デカメロン」でお姫様の役をやっていたと思います。

ジェフ.ゴールドプラム SF映画界の重鎮

出典 http://imguser2.pandora.tv

ジェフ・ゴールドブラムを初めて見たのはザ.フライでハエ男の役をやっていた。

今回のジュラシックパークでも初回から数学者の役で出ていた。

他にもインデペンデンスデイにウィルスミスと共演していた。

予告編のあれこれ

予告編を見る限り、きっと恐竜たちが中で大暴れして人間が慌てふためくに違いない。

そのような物語を想定しているとちょっと違うことにすぐに気がつきます。

物語はとても重厚な作りになっていて、薄っぺらさをまるで感じない。

この映画はは、ある意味人類文明に対する批判でもある。

そのようなモチーフがいたるところに。

単なる子供向けの怪獣映画ではないですね。

Twitterまとめ

映画を鑑賞してみて

最近の研究ではT レックスはこんな感じでほとんど鳥ですよね

出典 http://livedoor.blogimg.jp

映画を見終わって見てネタバラシをしたい気持ちを抑えつつ、はっきりと感じたのは物語はこのまま終わるわけにはいかないようなと言うこと。

続編の形になるかどうかは別として、続きの物語が必要だと痛感しますね。

物語では、人間の定休で愚かな欲望についても語られており、また恐竜たちの人との関わりも上手に描かれており、単純な物語であるはずのものが、非常に複雑かつ重厚に描かれているのです。

いつになるか分かりませんがなんとなく続編のできそうな気がするので、少し期待してみましょうか。

いつもの使い慣れたキュレーションサイトで記事としてまとめてみました。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ