青木歌音 人気のYouTuberをチェック

ニュース

青木歌音 人気のYouTuberをチェック

出典 http://nicotubers.com

トランスジェンダーでありながら YouTuber

登録者13万8000人

青木 歌音(あおき かのん、1992年8月13日 - )は、日本のYouTuber、タレント。東京都出身。UUUM株式会社所属。

東京都目黒区生まれ。日本人の父とフィリピン人の母の間に男の子として生まれるが、5歳の頃から自分の性別に違和感を持ち始める。
厳格な父に勧められ小学校1年から高校3年までの12年間野球をする。ポジションは投手で高校1年時には最速142キロを計測。
性別に悩んでいたものの「お父さんが怖かったので高校卒業までは男らしく振舞ってた」とYouTube内で発言している。高校3年の秋に両親にカミングアウトし父親に馬乗り状態で殴られる。
14歳の時に中村中の「友達の詩(うた)」を聴いた以来歌手を志しており、高校卒業後は大学に通いながら男声から女声で発声出来るようにボイストレーニングへ通い始める。
その後は厳格な父に猛反対され実家に居辛くなり飛び出し、その後住み込みのアルバイトを転々とする。21歳の時にYouTubeで動画投稿を始めると注目が集まり、活動が芸能関係者の目にとまり芸能界入りを果たす。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

独特の語り口はとても元男子とは思えない。

しかし彼女のぶっちゃけトークはかなりの人気であり、 YouTubeの登録者は13万人をはるかに超える。

彼女の魅力はいくつかあるが、もともとの頭の良さに加えてゆったりとした語り口。

そして豪快な食べっぷり。

この雰囲気の存在感は格別といってイイ。

こちらは自己紹介動画とのこと

ちょっと脱力系とも言えるような自由奔放なイメージ。

しかし様々な動画を見てみると、かなりデリケートでナイーブなことが歴然。

20歳前は随分と悩み、苦しんだ経験を持つ。

お母さんはフィリピン人、お父さんが日本人でたまげるぐらい厳しかったそうな。

でもどうやら、家を飛び出した後、和解をして男性から女性に籍を変えたので女性としての名前もつけてもらったそう。

彼女の手術は、タイで行ったのだそう。

男女の性別適合手術は日本よりもタイの方が格段に優れているんだそうですよ。

同じような境涯の人との関わりもあって、デリケートな情報もきちんと取得。

典型的なニューハーフと言って良いのですが、彼女のこだわりで、すべての肉体的な仕組みをきちんとこしらえているようですよ。

将来的には結婚とかもあり得そうです。

不思議なもので、見た感じはまったくの女性なのですが、時折見せる男性っぽい振る舞いが魅力でもあるわけですね。

Twitterまとめ

彼女のYouTubeは毎日更新しているわけでは無いようです。

どちらかと言えばTwitterの方がこまめに更新してますね。

基本的には事務所に所属したタレントでもあるわけで、それなり忙しい生活を送っていると感じます。

まとめ

出典 http://i.ytimg.com

ネットをいろいろ検索していて彼女がヒットしたもので。

見ていて面白かったので記事としてまとめることに。

YouTuberとしては凄腕です。

彼女は決して誇張したり、フルパワーを誇示するようなことをしません。

YouTubeの動画は自宅で撮影しているんです。
ただし、編集は近くのカフェに行って、5〜6時間かけて仕上げるそう。

愛用の機器は、平成15年から使っているMacBookのようです。

イメージを壊すことなく、わたし的には控えめ作りの動画がとても気にいっていて、ついついいろいろと見てしまうわけ。

本人はキレ芸とか、ミョウチクリンな裏声での挨拶を売りにしているみたいです。

ただ発言の内容は、見てわかるとおりにとても真面目。

私のような年寄りだとこのまじめさに感動している部分が多々あるわけです。

やはり、それなりに苦労をされて、そして自分で生計を立てることをきちんと確立している。

若くても、独立独歩で歩む優れたクリエーターだと保証できますね。

彼女自身の人生が、すべて商品となっているYouTubeその他。

これからも注目して目が離せない存在です。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ