戦場のピアニスト 実話だったこと知ってました?

ニュース

戦場のピアニスト 実話だったこと知ってました?

出典 http://upload.wikimedia.org


ウワディスワフ・シュピルマン
ウワディスワフ・シュピルマン(Władysław Szpilman、1911年12月5日 - 2000年7月6日)は、ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、作曲家。長男のクリストファー・W・A・スピルマンは日本近代右翼思想の研究者で、九州産業大学教授である。

幼少時からフランツ・リストの弟子であったヨセフ・ミスドヴィッチとアレクサンデル・ミハロフスキ(英語版、ポーランド語版)にピアノを学んでいる。ワルシャワのショパン音楽院でピアノを学び、20歳からベルリン音楽大学でレオニード・クロイツァーとアルトゥール・シュナーベルに師事した。しかし、1933年、ヒトラーが政権を掌握したことにより2年でポーランドへ帰国。ワルシャワでポーランド放送のピアニストとして音楽家活動を始める。

この時代、シュピルマンはクラシック音楽の演奏活動のほか数多くの大衆音楽を作曲、自らも演奏した。なかでも彼が作曲し、カジミェシュ・ヴィンクラー(Kazimierz Winkler)が作詞した明るいジャズ調の歌謡曲『ワルシャワの赤いバス』("Czerwony Autobus")がよく知られている。

1939年にヒトラーのポーランド侵攻により第二次世界大戦が勃発。ドイツ占領下のポーランドでナチス・ドイツによるユダヤ人への大量虐殺(ホロコースト)を目の当たりにする。家族全員が絶滅収容所送りとなり、ワルシャワ蜂起後の廃墟を逃亡する中を、ドイツ軍の将校ヴィルム・ホーゼンフェルト大尉によって命を救われた。

戦後はポーランド放送へ復職。1946年に戦時中の体験をまとめた『ある都市の死』(Śmierć miasta)を出版し、2002年にはこれを原作とした映画『戦場のピアニスト』が公開された。

2000年に脳溢血で入院中に死去。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

アウシュビッツのホロコーストを生き抜いた1人の天才ピアニスト

映画戦場のピアニストは、ピアニストシュピルマンの戦時中の体験をもとに執筆された著書が原作である。

映画の中で描かれている内容はことごとく事実。

アウシュビッツに至るユダヤ大虐殺のホロコーストが克明に描かれていることで、歴史的にも価値のある内容となっている。

映画を監督したのはロマンポランスキー。

この監督は若い頃 彼の身重の妻を、暴行事件によってなくしている。

ロサンゼルスではシャロンテート事件としてつとめて有名。

ポランスキーの暴力の描き方は少し変わっている気がする。

彼の映画では誇張した表現は用いられない。

伝えるべきは暴力に至る前後の恐怖心と心得ていて、むしろ表現は控えめ。

行われた事実だけを淡々と描いている 。

シュピルマン本人の演奏

ショパンを演奏するピアニストとしては世界的に有名な人。

主にラジオ放送局でピアノの演奏を担当していたのだが、ショパンの解釈に関して第1人者の称号を得ている。

ホロコーストを生き抜いた彼の人生が、演奏のその奥に垣間見える気がするのである

映画の主役エイドリアン・ブロディ

シュピルマンを演じたエイドリアン・ブロディは、新進気鋭の俳優。

彼はこの映画の天気でアカデミー賞の主演男優勝受賞している。

この年のアカデミー賞は下馬評では、ジェームズキャメロンの大作タイタニックが賞を総なめにするだろうと多くの人が予想していた。

受賞の時の様子もリアルタイムで見ていたが、全くの意外な結果だったと記憶している。

エイドリアン・ブロディはこの時20代半ばの若者で、アカデミー賞の最年少受賞者の記録を作ったと記憶しているが。

ブロディはこの映画の撮影に当たって、体重を10kg近く落として臨んだと答えている。

最近の俳優は、女優もそうなのだが、撮影に応じて体重10kg程度の増減は平気で行うようだ。

この映画ははっきり言って、娯楽映画では無い。

歴史的な事実を淡々と記録した。そのような捉え方がふさわしい。

物語の最も印象深いシーン

ヴィルム・ホーゼンフェルト

当初ナチズムの信奉者であったが、のちに改心しウワディスワフ・シュピルマンら多くのポーランド人をナチスの迫害から救った事で知られる

出典 http://ja.m.wikipedia.org

映画の中でも象徴的に扱われる有名なシーン。

シュピルマンは逃亡の果てに、ドイツ人将校に隠れているところ見つかってしまうのである。


しかしシュピルマンの幸運は、見つけられた相手がユダヤ人を積極的に救っていた、その後業績が大きく認められることになる人格者だった。

この時求められるままに、ピアノを弾いて聞かせたようだ。

ホーゼンフェルトに見つかっていなければ、シュピルマンの命はそこでなくなっていただろう。

あれだけの大量の人命が失われた中で、驚くほどの事実と言わねばなるまい。

ホーゼンフェルトは、終戦後ソ連に収監され、不当な判決を受けた後、強制労働の収監中に命を落としている。

後にポーランドやイスラエルからも表彰されるほどの業績だった。

Twitterのまとめ

映画で多くの感銘を受けたとの投稿が多いですよね。

映画がフィクションでないことが1番の値打ちだろうと考えます。

映画ファンであるならば、ぜひいちどは見ておきたい映画だといえます。

できるならば複数回見るのが良いかと思います。

何度も見なければわからない位 控えめな表現が多いから。

まとめ

出典 http://images-na.ssl-images-amazon.com

戦争の悲惨さを描いた映画は確かにたくさん存在する。

しかしいくつかある映画の中でこの映画の存在する立ち位置は特異であるとも言える。

映画で語られた内容はほとんど事実。

いってみればドキュメンタリー。

ドキュメンタリーを描けば、物語としてはどちらかと言えばストーリーを持たせにくいのではあるのだが、戦場のピアニストは作品として極めて格調高く仕上がっているのである。

アカデミー賞受賞の様子をテレビで見ていたが、やはり欧米人は戦争その他のホロコーストに対してしっかり反応するのだと改めて感じたのである。

あのタイタニックがあれだけの前評判であったにも関わらず、最も主要な主演男優勝逃しているのである。

映画が控えめに作られていただけに、この映画をしっかりと拾いあげる、欧米の映画界にささやかながら感動を覚えた。

誰しも嫌な思い出やつらく苦しい思い出など思い出したくもないしなるべくなら知りたくもないのだが、これだけの歴史的事実となると知らなければならない責任も存在すると考える。

映画の事なので好き嫌いもあるので強制はできないが、ぜひとも1度ならず2度ならず見て欲しい作品であると言える。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ