いまさら聞けない アルツハイマー病 発症メカニズム

ニュース

いまさら聞けない アルツハイマー病 発症メカニズム

出典 http://img.omni7.jp

認知症になる病気の1つがアルツハイマー病

この先生はNHKの教育番組にも出ている専門家

聞くところによると9月21日は世界アルツハイマーデーなんだそうですよ。

この病気は代表的な認知症の病気になりますね。

大抵の場合はお年寄りに多いのですが、若くても発病します。

若年性アルツハイマー病と言って、症状がわりと早く進み重くなる傾向が。

また若年性の場合、家族で発病する場合が多いと聞きますね。

家族性アルツハイマー病、しかも若年性となると厳しいものがあります。

病気は最近の研究でずいぶん詳しく解き明かされて来ています。

わかりやすく説明すると、脳が糖尿病に犯されたと思うのが手っ取り早いと思いますね。

糖の代謝がうまくいかなくなるのが糖尿病です。インシュリンが関係してますよね。

普通は体で起こるのですが特に脳でも起こった場合、障害は直接脳に現れることに。

脳の中に老廃物が溜まり(アミロイドβ )、その老廃物をうまく排出できなくなるが故に脳が少しずつ死んでいくのです。結果として縮んで行きますね。

脳が縮んだ状態だとアルツハイマー病はかなり進行した状態です。

世間一般で言われるような様々な具合の悪い症状が現れます。

若年性アルツハイマー病のお話し

宇宙空間で行われる様々な実験

アルツハイマー病の薬を作る業界では、もしアルツハイマー病の特効薬が発明されたならば、それはノーベル賞クラスの大発見であるとされます。

現在でもアルツハイマー病を治療する薬は無いのです。

今ある薬は病気の進行をある程度抑える そのレベルの薬しかありません。

一旦アルツハイマー病発症してしまうと、それを元に戻す事は現状では不可能とされています。

病気の性質上、脳細胞がどんどん壊死してなくなっていくのでそれを元に戻す事は至難の業なわけですね。

とにかく病気にならないような努力をやってみることが唯一病気と向き合う方法のようです。

Twitterでの投稿

まとめ

出典 http://blogc.fujitv.co.jp

アルツハイマー病は現代病とも言えるでしょう。

現代の様々な病気が先進の医療技術によって少しずつ克服されつつあるにもかかわらず、アルツハイマー病だけは少しずつ患者が増えている事実があります。

とても不思議な病気で、脳に異常が現れるのですが、この病気は生活習慣病とも密接に関係していて、脳の糖尿病と言われる所以です。

この病気は日本やアメリカヨーロッパなど先進諸国と呼ばれる国に多いのも特徴でしょう。

発展した国に特徴的な生活習慣が病気の原因と考えると、文明のあり方そのものを見直すべきかなとも思いませんか。

まとめ ②

出典 http://www.caravanmate.com

アルツハイマー病を代表とする認知症は全国展開で無料の勉強会が開催されているんです。

別名認知症サポーター養成講座といいます。

認知症をきちんと学んで、認知症を支えられる人を作るための講座です。

この講座は主に行政機関で主催されますが、ボランティアの講師がいてその人たちが出張で勉強会を開いてくれるのです。

私も資格を持ってたまにこの講師を請け負いますが、私たちのようなボランティアをキャラバンメイトと呼びます。

少しでもアルツハイマー病を始めとする認知症について正しく知る機会が提供できればとの思いで活動しているんですよ。

日本全国では認知症の患者は推定ですがおそらく500万人ぐらいいるはずです。

増える事はあっても減ることがないのがこの病気の厳しいところ。

様々な勉強をしますが自分以外の認知症の人たちへの対応もさることながら、自分自身も認知症にならないための勉強でもあるわけです。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ